2011年2月13日

App Inventor for Android遊び

すごいねぇ。http://appinventor.googlelabs.com/about/
ドラッグ&ドロップでほぼアプリケーションが出来ちゃう。

うちの若いのが、猫の鳴き声が出るアプリを作ったというので、
今日、私も見始めたところ、遊んでいるうちに、こんな時刻になっちゃった(^^;

こんなの↓を作り始めました(^^;
AppInventor.png
まだ、バグだらけで枠だけの部分もあるけど。

作りかけのソースはこれ→GPS_Shot_Logger.zip
上記、ソースから生成されるapkファイルはこれ→GPS_Shot_Logger.apk

だれか、デバッグして、完成させて(^^;;;

    

2010年8月24日

Radio Shark 2 復活

アマゾンでずっと取り扱い中止になっていたので、もう売っていないのかと思っていたRadio Shark2。
別のところで復活していた(^^;
#この継続性のなさは、何とかならないのかなぁ。

Linuxで使いたい方はこちらをどうぞ↓。
LinuxでRadio Shark2 (その3:一応出来た編)

もう、3年も前の話なのか。
時が経つのは早すぎる。

    

2009年8月26日

AmazonのAPI見直しに伴うproxy導入

8月15日にAmazonのAPIが変わって、認証が必要になった。
ちょっと面倒なので、放っておくかなと考えたけど、すばらしいものを発見したので
そのまま利用させていただきました。

[を] Perl による自分用 Amazon Product Advertising API proxy「PAPAXY」

いや、すばらしい。
このソースを組み込もうと思ったけど、今後のことも考えてというか、proxyによる仮想化という考え方に敬服したというか、このままが良い。

    

2008年1月 1日

MovableType用 namazu2文書フィルタ

namazuのindexを作り直したのは良いけど、検索結果がどうにも気に入らない。

例えば本Blogの先頭に書いてある「お客様」で検索すると、全ページがヒットする(^^;
しかも、検索結果の要約文も下記のように全部Blog先頭部分になる。
plain-namazu-20080101.jpg
これでは元気が出ない。

MovableType用の文書フィルタを探したけど見つけ切れなかったので、
pipermail用のfilterをもとに作成した。ありがとうございます。>菊地様。

ただし、自分のtemplateが出力しているindividual archive file用なので、
いろんな人のBlogに対応させるにはいじらないとダメかも。
 #MovableTypeが出力するHTMLは、MHonArcなどと異なり、
 #HTMLを解釈させるためのtagが埋め込まれていないので
 #検索対象範囲を絞るのに妥協が必要だと思います。

続きも読む "MovableType用 namazu2文書フィルタ"
    

2007年12月 9日

GPS携帯で遊ぶ(その4)

GPS携帯で遊ぶ(その3)で公開しているauのGPS携帯向けの簡易スクリプトであるが、測地ログを見ると、北は北海道から南は沖縄までイジっていただいている人がいる。

例えば、gmap@札幌gmap@新宿gmap@東京湾gmap@博多gmap@那覇など。

他の場所にお住まいの方も、足跡を残してくださいな(^^;

    

2007年10月28日

GPS携帯で遊ぶ(その3)

ほんの少しだけcgiを変更。

auの携帯専用なのはあいかわらず(^^;

変更内容はGooglemap向けの測位を行ったときに表示される地図上に
現在位置を「出発地点」として表示されるようにしただけ。

例えば、こんな感じ↓。
gmap

拡大地図を表示


変更後のgps.cgiはこちら↓。
gps.cgi-20071026

    

2007年10月22日

GPS携帯で遊ぶ(その2)

Google mapが携帯で見えないので、測位した場所をEZナビウォークで見えるようにcgiをちょこっと改造した。

測地ログのzmapと書いてあるところは、測位した場所を示すEZナビウォークの地図にリンクしている。

これで携帯でも場所が見える。

続きも読む "GPS携帯で遊ぶ(その2)"
    

2007年10月21日

GPS携帯で遊ぶ

ソースネクストから
【 33%OFF 】 建物の形までわかる。「ゼンリンデジタル全国地図」上位版
とか言うメールが来たので、ちょっと見ていたら、GPSデータロガーが無性に欲しくなった(^^;

そこで、あちこちGPS機器を見ていたのだが、
・現在位置のナビをしながら
・電池で長時間動き
・データロガーも兼ねている
もので良さそうなのが無い。
どれも帯に短し、たすきに長し、価格も高し(^^;

そのうち、GPS携帯的メモと言うページにあたって、「あぁ、携帯でやるか」ということになった(^^;;。


上記QR-CodeでリンクしているページをauのGPS付き携帯で開いて、
■wgs84測地系
というのをクリックすると、味もそっけもない数値形式で現在位置を表示してくれる。

先ほど、うちの近所で数回計ったログが測地ログに置いてある。

#ログが公開されても良い方は、遊んでください。
#このログだけで個人が特定できるとは思えないけど。

googlemapで、場所を表示するようにした。
#携帯からは見えないけど(^^;

携帯圏内ならこれで簡易GPSロガーになるかな。

続きも読む "GPS携帯で遊ぶ"
    

2007年10月14日

MovableType用amazon REST plugin(改)

ちょうど去年の今頃に作成したMovableType用amazon REST pluginを改造した。

半年ほど前にやったのはAmazonのRestレスポンス変更に対応するための小変更だったけど、今回はもう少しまともに変更。

追加した機能は、
・Restで取得したオブジェクトをきちんとログに残す(^^;。
 ログはこちら→log
・取得したオブジェクトをperlのDB_Fileを使ってBerkeleyDBにキャッシュとして格納する。
 キャッシュしたDBはこちらのディレクトリ→cache/
・取得した日時をDBに格納し、表示にも【データ取得日】として明示する。
・同じくMediumサイズの商品イメージデータをキャッシュとして格納する。
 キャッシュした画像こちらのディレクトリ→image/
 #サイズが0のイメージデータの場合は、Amazonに登録されていないことを示します。
・キャッシュに格納されたデータ(DB)がある場合には、Amazonへのリクエストを出さない。
 #log内に"Cache-hit"の行があるところがそれ。
というところ。

元からある機能は、
・Blog記事中に<MTRest asin="4761263334">と書くだけで、[図1]のように表示してくれる。
・Blog記事中に上記表示がStaticに埋め込まれるので、検索対象になる。
・Amazonにイメージデータが無いまたは気に入らない場合などに、
 <MTRest asin="4761263334" img="http://hoop.euqset.org/archives/cache/image/4761263334-Large.jpg">などとURLを
 指定することで、[図2]のように別のイメージデータをリンクして表示させることができる。
などです。

----------------------------------
[図1]<MTRest asin="4761263334">の出力

[図2]<MTRest asin="4761263334" img="http://hoop.euqset.org/archives/cache/image/4761263334-Large.jpg">の出力

----------------------------------

新しい版はmtrest.pl.20071013と言う名前で置いてますので、mtrest.plとrenameした後に、
<BlogRoot>/blog/plugins/mtrest.plと言う感じで置いてください。

尚、MT用のregex.plprocesstags.plおよびEnclosures.plが前提(だったはず(^^;)です。

続きも読む "MovableType用amazon REST plugin(改)"
    

2007年5月12日

LinuxでRadio Shark2 (その3:一応出来た編)

LinuxでRadio Shark2 (その2:ちょこっとお試し編)にあったバグをとった。

#FM選局時の周波数が、0.1MHz程ずれていた。
#もともと入っていたコードの削除もれ。

Radio SHARK 2用のBug-fix versionをshark2.cとして置いておく。

Compileは

gcc -g -o shark2 -lhid shark2.c
でOK。

    

2007年5月11日

LinuxでRadio Shark2 (その2:ちょこっとお試し編)

LinuxでRadio Shark2 (その1:調査編)でのdiffだけ(^^;を元に、shark.cをいじって、shark2-draft.cを作ってみた。

#作成30分程度(^^;;

コンパイルは、

gcc -g -o shark2-draft -lhid shark2-draft.c
で行う。

続きも読む "LinuxでRadio Shark2 (その2:ちょこっとお試し編)"
    

LinuxでRadio Shark2 (その1:調査編)

Griffin radio SHARK + icecast2 on Debian GNU/Linuxという記事があった。

Radio Shark2の前のバージョンであるRadio SharkはLinuxからUSB-HIDおよびUSB-audioとして見えるようだ。

Radio Shark2とRadio Sharkでは、HIDコントロール回りがちょっと異なる模様。

続きも読む "LinuxでRadio Shark2 (その1:調査編)"
    

2007年4月28日

Amazon Restのレスポンス変わった?

MovableType用amazon REST pluginの出力がおかしくなっていた。

具体的には、商品の画像のURLが不正になっており、画像リンクが表示されないというもの。

該当部分のページソースを見ると


<img src="http://ec1.images-amazon.com/images/I/31lD2m1C3-L.jpghttp://ec1.images-amazon.com/images/I/31lD2m1C3-L.jpghttp://ec1.images-amazon.com/images/I/31lD2m1C3-L.jpg" border="0" alt="Duets: An American Classic">
の様に、URLが3つ連結されたような感じ。 これでは画像は表示されない。

続きも読む "Amazon Restのレスポンス変わった?"
    

2006年10月15日

MovableType用amazon REST plugin

何とか動いているようなので、公開。

Blogのエントリ内に
<MTRest asin="4761263334">
と書くと、amazonから情報を取ってきて、下記のように変換してくれる。

iframeを使っていないので、検索にも引っかかる。

Perl ItemSearch REST Sampleをもとに改造した。
#初期バージョンはiframeで動いていた。

続きも読む "MovableType用amazon REST plugin"
    

2006年3月28日

USB memory boot w/ grub

Z60tをWindowsXPで起動してThinkVantageをアップデートすると、boot blockが書き換えられてgrubが消され、 Linuxが起動できなくなる事があった。

手持ちで使っていない32MBのUSB memoryにgrubを入れることにした。

#あるセミナに出たときの貰い物なのだが、仕事では使えないし、
#今時32MBでは...

続きも読む "USB memory boot w/ grub"
    

2006年3月22日

Z60tでLinux(その4)

ちょっとした思い(?)から、Z60tをsargeからsidへ。

とりあえず、動いているから良いか。

続きも読む "Z60tでLinux(その4)"
    

2006年3月17日

Z60tでLinux(その3)

linux-2.6.15.6を

make-kpkg --initrd binary
で作り、
dpkg -i kernel-image-2.6.15.6_10.00.Custom_i386.deb
を行ったのだが、dmesgを見ると、
SCSI subsystem initialized
libata version 1.20 loaded.
ata_piix 0000:00:1f.2: version 1.05
PCI: Setting latency timer of device 0000:00:1f.2 to 64
ata1: SATA max UDMA/133 cmd 0x1F0 ctl 0x3F6 bmdma 0x1810 irq 14
ata1: dev 0 cfg 49:2f00 82:746b 83:7d09 84:6023 85:746b 86:3c09 87:6023 88:203f
ata1: dev 0 ATA-6, max UDMA/100, 156301488 sectors: LBA48
ata1: dev 0 configured for UDMA/100
scsi0 : ata_piix
  Vendor: ATA       Model: TOSHIBA MK8032GS  Rev: AS11
  Type:   Direct-Access                      ANSI SCSI revision: 05
ata2: SATA max UDMA/133 cmd 0x170 ctl 0x376 bmdma 0x1818 irq 15
ata2: dev 0 cfg 49:0f00 82:0000 83:0000 84:0000 85:0000 86:0000 87:0000 88:0407
ata2: dev 0 ATAPI, max UDMA/33
ata2(0): applying bridge limits
ata2: dev 0 configured for UDMA/33
scsi1 : ata_piix
ata2(0): WARNING: ATAPI is disabled, device ignored.
となって、DVD/CDドライブが見えない。

続きも読む "Z60tでLinux(その3)"
    

2006年3月13日

Z60tでLinux(その2)

/etc/X11/XF86Config-4の設定。
これで一応1280x768で表示できている。
#仮想スクリーンの設定もしている。

CapsLockキーもctrlに割り振っている。

knoppixで起動させて、その時のXF86Config-4をもとに、ちょっといじって作成。

続きも読む "Z60tでLinux(その2)"
    

Z60tでLinux(その1)

ちゃんと動くまでThinkVantageとの相性などでLinux環境設定以前が結構大変だった。

Linux上のデバイスドライバの選択も結構悩んだけど、武藤さんのDebian GNU/Linux デバイスドライバ確認ページで先に確認しとけば良かった。

続きも読む "Z60tでLinux(その1)"
    

2006年3月 7日

linuxでW-ZERO3

全然出来ていないのだが、とりあえず情報源へのポインタと、そこへの相違点のみ。

Gentoo LinuxでW-ZERO3でipaq USBドライバにて認識できると書いてあるのを発見。
しかし、私が持っているW-ZERO3と微妙に違うんだなぁ。

件のページはmodprobe ipaq vendor=0x04dd product=0x9102と書いていますが、うちのは

hong:/home/shibata# lsusb
Bus 003 Device 001: ID 0000:0000
Bus 002 Device 004: ID 04dd:9103 Sharp Corp.
Bus 002 Device 001: ID 0000:0000
Bus 001 Device 001: ID 0000:0000
なんです。

続きも読む "linuxでW-ZERO3"
    

2006年3月 5日

jpegサイズ圧縮

デジカメで取った画像が結構な量になり、ディスクを圧迫しているので、なるべく画質を落とさずにデータサイズを圧縮する事にした。

#もともと、仕事で書いたホワイトボードの写真とか
#Blogでちょいと写真を貼り込む程度に使っているのだけなので
#それほど画質を気にすることはないんだけれど。

gimpのbatch-modeでやってみようかとも思ったのだが、スクリプトの書式が良くわからない(^^;ので、結局ImageMagickのconvertコマンドをfindで動かし一括変換することにした。

hong:/home$ cd 100ricoh
hong:/home/100ricoh$ find * -name "r00*[0-9].jpg" -exec convert -quality 88 -sampling-factor 1x1 {} /home/100ricoh.new/{} \;
ちなみに、あらかじめ/home/100ricoh.new/配下にはディレクトリを掘っておく必要がある。
/home/100rocoh/配下でduコマンドを動かし、ディレクトリ構造を取り出して、sed、awkでちょちょいと掘っておいた。

続きも読む "jpegサイズ圧縮"
    

2006年1月 9日

mail2mt-newpost.plちょっといじり(懲りずに2)

またちょっといじった。

> TODO:

>・Date:ヘッダからBlog投稿時刻を設定する部分にまだbugがあるみたいなので直す。
> #年月日は正しいようだけど、時刻が00:00:00になってしまうようだ。

何が悪いのか良くわからなかったので、MT/MTServer.pmのソースを見てみた。
続きも読む "mail2mt-newpost.plちょっといじり(懲りずに2)"
    

2006年1月 8日

mail2mt-newpost.plちょっといじり(懲りずに1)

#ほんとに今から寝る。

>> ・記事が長いときに、bodyとextendに分ける処理を追加する。
>
> まだいじっていない。
>
> #何行で分けるかが、悩ましいという話もある。

とりあえず、5行だけbodyに置いて、後はextendに置くようにしてみた。

#スカラー変数に複数行のテキストを押し込んでいる際に、
#どうすればスマートに分けられるか、あれこれ調べているうちに
#こんな時間に。

続きも読む "mail2mt-newpost.plちょっといじり(懲りずに1)"
    

mail2mt-newpost.plちょっといじり

ちょっといじった。

> TODO:
> ・スクリプトが汚いので直したい。
>  特にCategoriesを取得して、該当のCategory IDを取得する部分は良い手があるはず。

まだいじっていない。
というか、いじればいじるほど汚くなる(^^;。
CPANからそれなりのモジュールを持ってくれば、いやでも美しくなるのだろうけど、
知らない悲しさ。

> ・ヘッダにX-ML-Name:が無いMLの場合は、List-Id:を代わりに取得するようにする。

超手抜きだけど、入れてみた。

> ・Date:ヘッダからBlog投稿時刻を設定する部分にまだbugがあるみたいなので直す。
>  #年月日は正しいようだけど、時刻が00:00:00になってしまうようだ。

まだ見てない。

> ・記事中のE-mail addressをSPAMよけのために書き直す処理を追加する。

これも、手抜きだけど入れてみた。
間違ってmail address以外も変換する可能性があるし、正しいmail addressでも
変換しない場合もあると思う。

> ・記事が長いときに、bodyとextendに分ける処理を追加する。

まだいじっていない。

続きも読む "mail2mt-newpost.plちょっといじり"
    

2006年1月 7日

mail2mt-newpost.pl

あれこれ調べて、こねくって作り、一応動いているようなので置いておく。

概要:
・Movable TypeのBlogに対してXML-RPC経由で記事を新規にpostするスクリプト。
・Perlで書いている。
・fmlなどで運用されているMLの記事を標準入力から読み込んで使うことを想定している。
・記事のHeaderのSunject:,Date:,X-ML-Name:, X-Mail-Count:を読み込み、
 BlogのTitle,Date,Category,individual-archive URLに変換する。

前提:
・Movable Typeで動かしているBlogがある。
・XML-RPC経由でのBlog記事の追加を許可している。
・ML毎のCategoryをあらかじめ用意している。

使い方:
・記事1通をBlogに登録する場合:
 $ perl mail2mt-newpost.pl < MLの個別の記事
・複数のファイルを連続して読み込みたいときはfindを使ったり、shでスクリプトを書くべし。

続きも読む "mail2mt-newpost.pl"
    

2006年1月 5日

2006年1月 4日

this is a test post via XMLRPC::Lite.

and this is

the body and a link to the picture

the end :-)

続きも読む "this is a test post via XMLRPC::Lite."
    

2005年11月22日

Xenいじり(その1)

さすがに手元のnotePCでXenいじりをするのはCPU/メモリともつらいので、最近暇を持て余していた自宅のPentium4-2.4GHz/Mem 1GBのcubeマシン側でXenをいじっている。

Virtual hostingでの活用を模索しているので、Domain-0はなるべく軽くして、Guest側にリソースを振る設定での挙動を見ようと思っている。

現在の設定はxm listで見ると、こんな感じ。二つのguestを動かしてみている。

Name                              ID Mem(MiB) VCPUs State  Time(s)
Domain-0                           0      128     1 r-----   103.2
hcxen1                             1      512     1 -b----    14.5
hcxen2                             2      340     1 -b----    21.0
Xen使うと、メモリいっぱい積みたくなるね(^^;

続きも読む "Xenいじり(その1)"
    

2005年10月16日

trafshow

europa's free spaceに書かれていたので、trafshowをちょっと使ってみた。

netstatとiptrafの中間的なものという感じ。
これはこれでざっと見るにはいいかも。

続きも読む "trafshow"
    

2005年9月25日

Xming

ARAKI notes - Xmingとあわせてみる。を読んで、XmingというWindows用のFreeのXserverというのがあると知り、入れてみることにした。

今までは、coLinuxでXを使う(その2)に書いているようにcygwin上のXを使っていた。
これはこれで遅い以外は特段不自由は無かったのだが、
・notePC上のWindowsパーティションはぎりぎりまで小さくしており、
 もう少し空きエリアを確保したいと思っていた。
・cygwinとは独立に動くXserverの方が速いんじゃないかという期待がある。
  cf. coLinuxでXを使う(その3)
ということで、Xmingを試してみたというわけである。

続きも読む "Xming"
    

video4linux for linux-2.6.13.2

hoop.euqset.org linux-2.6.13.2化のあと、またTVキャプチャが出来なくなっていた。

いつものように(?)、http://dl.bytesex.org/cvs-snapshots/から新しいものを持ってきてmake。

今回は、video4linux-20050924-011114.tar.gzを使わせていただいた。

続きも読む "video4linux for linux-2.6.13.2"
    

2005年9月24日

GnuMP3d

daap server on HD-HGLAN160に書いたように、家庭内音楽共用サーバを立てた。
文字化けが発生したので、パッチも当ててみた。
でもやはり化ける(^^;

そこで、物は試しとGNUMP3dmoHD-HGLAN160に入れてみた。

Windows上のiTuneからさっくり再生は出来るけど、やはり化けている。

続きも読む "GnuMP3d"
    

2005年8月22日

Mac miniにDebian(インストールフェーズ)

何度かInstalling Debian GNU/Linux on the Mac Miniを参考にトライしていたのだが、インストールの途中でことごとく失敗していた。
#あれこれインストールCDを作ってやったのだが、途中で必ずエラーで止まる。

しかし、How to install debian-sid-powerpcを参考に、Mac miniをDebian化してみた。

続きも読む "Mac miniにDebian(インストールフェーズ)"
    

2005年7月22日

GTKPodでiPodの曲を聴く

iPodも出先で充電するのはノートPCのUSB経由。

充電しながらGTKPodでiPod内の曲を聴く。

尚、/etc/fstabに

/dev/sda3       /mnt/ipod   hfsplus user,noauto  0       0

と書いて、GTKPod側の[設定]で、下記の赤ポッチの項目を設定することで
GTKPod側の起動で自動的にiPodがmountされるし、終了でunmountされる。

gtkpod.png


続きも読む "GTKPodでiPodの曲を聴く"
    

2005年7月21日

gphoto2とgtkam

いつも持ち歩いて仕事に使ったり、街角でphoto memoを撮るのに使っているのは、
今となってはかなり旧型のPicoh Caplio G4である。

このデジカメはUSBのmini-Bコネクタがついているのだが、
USB strage classでは無いために、Linuxでデジカメ内のデータを読み出すには
いつもカメラからSDカードを取り出して、SDカードリーダごとmountして読んでいた。

しかし、たまたま本日、LinuxノートにCaplio G4をUSB接続したところ、

Jul 21 23:02:32 hong kernel: usb 2-1: new full speed USB device using uhci_hcd and address 2
Jul 21 23:02:34 hong usb.agent[3589]: libgphoto2: loaded successfully

てなメッセージが/var/log/messagesに現れたのを発見した。

続きも読む "gphoto2とgtkam"
    

2005年7月 5日

WindowsXP SP2でのcoLinux

WindowsXP SP2をインストールした後でcoLinuxでWindows Managerがうまく動かなかったが、やっと動いた。

苦節10分。

coLinux上でnetstatを見たところ、coLinuxからWindowsXP側の16001ポートへSYN SENTのままになっていた。

続きも読む "WindowsXP SP2でのcoLinux"
    

2005年2月24日

coLinuxでXを使う(その3)

引き続き、coLinux上で快適に過ごす方法を探している。

支障から
X-Deep/32ってのがありますよ。」
というお告げがあった。

cygwin/Xだと、cygwinとXの両方を動かしていることになり、
単体のXserverの方が確かにメモリにもやさしく、
レスポンスも規定できるかも知れない。

で、やっと本日試してみた。

続きも読む "coLinuxでXを使う(その3)"
    

2005年2月22日

coLinuxでXを使う(その2)

coLinuxとCygwin/Xの組み合わせをWindowsXPとシームレスに見える風で使う方法は簡単だった。

Unix系OSの代価に「Cygwin」を利用してみるを参照させていただいたところ、

$ X -query 192.168.0.5 -rootless

がいい感じだ。

続きも読む "coLinuxでXを使う(その2)"
    

coLinuxでXを使う

coLinuxでデュアルブートマシンをいじるの続き。
この記事もcoLinux上で書いている。

昨日できていたことを整理すると、
・WindowsXPとLinux(Debian/sarge)のデュアルブートマシンでcoLinuxを動かした。
・coLinuxは単独でもブートできるLinuxパーティションを/パーティションとして使っている。
・Linuxパーティション側でのファイル修正は一切なし。
と言うところ。

続きも読む "coLinuxでXを使う"
    

2005年2月21日

coLinuxでデュアルブートマシンをいじる

Windowsのデバイスドライバしか提供されていない小物をいじる必要があり、仕方なくいつも自宅で使っているノートPCでWindowsを立ち上げたが、どうにも耐えられなくなりcoLinuxを入れてみた。

#cygwinも入れているけど、ノートPC内の環境とは別になるし。
#Linux上のVMWareのライセンスは持っているけど、
#Windows上のライセンスはないのでこれが一番かな。

このノートPCはLinux(Debian/sarge)とWindowsXPのデュアルブートにしているけど、WindowsXPをブートするのは極希。

HDDのパーティションは以下のように分けている。fdiskの結果で示そう。

Disk /dev/hda: 80.0 GB, 80026361856 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 9729 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/hda1   *           1        1275    10241406    7  HPFS/NTFS
/dev/hda2            1276        9600    66870562+  83  Linux
/dev/hda3            9601        9729     1036192+  82  Linux swap

続きも読む "coLinuxでデュアルブートマシンをいじる"
    

2004年3月19日

今日のhddtemp....もう春

前回の1月3日および1月12日の今日のhddtempからもう2ヶ月。 今日は
hobby:/var/tmp# date
2004年  3月 19日 金曜日 00:18:47 JST
hobby:/var/tmp# hddtemp /dev/hd[aceg]
/dev/hda: ST380021A: 34°C
/dev/hdc: ST380021A: 34°C
/dev/hde: HDS722516VLSA80: 32°C
/dev/hdg: HDS722516VLSA80: 33°C
かなり暖かくなってきたなぁ。     

2004年3月14日

AH-J3002Vでppxp

発見したもの

初期化ATコマンド

AT
ATZ
AT&D2&C1
ダイヤルアウト
ATD0570-570-600##61
その他のコマンド
ATS7=数値 ダイヤルアウトタイマー
AT&K3 ハードウエアフローコントロールON
AT&K4 ソフトウエアフローコントロールON
ATS30=数値 アイドル時切断タイマー

さて、ここまで調べたので、
/etc/ppxp/conf/J3002V
をいじるか。

source qdial
set MODE active
set AUTH.PASSWD airH-J3002V
set LOG.FILE airH-J3002V.log
set LINE /dev/ttyACM0
set DIAL.LIST 0570-570-600##61
set AUTH.PROTO PAP CHAP/MD5 CHAP/MS
set IP.VJ no
set IP.RESOLV yes
set IP.DNS xxx.xxx.xxx.xxx

上記の設定のみいじって、xppxp J3002Vでさっくり繋がった(^^;

$ ifconfig tun0
tun0      Link encap:Point-to-Point Protocol  
          inet addr:218.222.177.65  P-t-P:61.204.7.254  Mask:255.255.255.0
          UP POINTOPOINT RUNNING NOARP MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:32 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:34 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:10 
          RX bytes:4780 (4.6 KiB)  TX bytes:4035 (3.9 KiB)

相変わらずRTTはでかい。

$ ping his.luky.org
PING his.luky.org (219.99.179.188) from 218.222.177.65 : 56(84) bytes of data.
64 bytes from his.luky.org (219.99.179.188): icmp_seq=1 ttl=47 time=3912 ms
64 bytes from his.luky.org (219.99.179.188): icmp_seq=2 ttl=47 time=3013 ms
64 bytes from his.luky.org (219.99.179.188): icmp_seq=3 ttl=47 time=2147 ms
64 bytes from his.luky.org (219.99.179.188): icmp_seq=4 ttl=47 time=1742 ms
64 bytes from his.luky.org (219.99.179.188): icmp_seq=5 ttl=47 time=1237 ms
64 bytes from his.luky.org (219.99.179.188): icmp_seq=6 ttl=47 time=582 ms
64 bytes from his.luky.org (219.99.179.188): icmp_seq=7 ttl=47 time=614 ms
64 bytes from his.luky.org (219.99.179.188): icmp_seq=8 ttl=47 time=598 ms
64 bytes from his.luky.org (219.99.179.188): icmp_seq=9 ttl=47 time=491 ms
64 bytes from his.luky.org (219.99.179.188): icmp_seq=10 ttl=47 time=386 ms
64 bytes from his.luky.org (219.99.179.188): icmp_seq=11 ttl=47 time=1076 ms
64 bytes from his.luky.org (219.99.179.188): icmp_seq=12 ttl=47 time=461 ms
64 bytes from his.luky.org (219.99.179.188): icmp_seq=13 ttl=47 time=465 ms

--- his.luky.org ping statistics ---
14 packets transmitted, 13 received, 7% loss, time 13094ms
rtt min/avg/max/mdev = 386.016/1286.774/3912.136/1077.352 ms, pipe 4

    

2004年1月 3日

今日のhddtemp

自宅のビデオキャプチャ(および各種作業)用Linux Boxには全部で4台のHDDが搭載してある。
本日のhddtempの結果は以下のようであった。

hobby:/home/shibata# date
2004年  1月  3日 土曜日 10:32:29 JST
hobby:/home/shibata# hddtemp /dev/hd[aceg]
/dev/hda: ST380021A: 28°C
/dev/hdc: ST380021A: 29°C
/dev/hde: HDS722516VLSA80: 25°C
/dev/hdg: HDS722516VLSA80: 27°C

続きも読む "今日のhddtemp"