2015年11月22日

Raspberry Pi 2 で RadioShark2(その2)

Raspberry Pi 2 で RadioShark2(その1)からの続き。

libhidapiに関して検索すると、HID API for Linux, Mac OS X, and Windowsを発見した。
 #というか、日本語で書かれたページが出てこない(^^;
上記ページと、hidapi APIを見ながら、しばし後悔(^^;

サンプルプログラムも付いているのでなんとかなるだろうと、久々にviでCのソースをいじる。
 #これまた、5年以上振りだと思う(^o^;

悪戦苦闘すること数時間。
なんとかコンパイルエラーがなくなるところまできたが、linkするファイルがわからない。
以前のバージョンのshark2.c

gcc -g -o shark2 -lhid shark2.c
でコンパイルできたが、
今回は-lhidapiではダメだった。

インストールされたパッケージ名をもう一度よく見て、-lhidapi-libusbにしたところ、
なんとかコンパイルが通った(^^;;

その後、ちょこちょこ実行時エラーを修正し、なんとかLEDの制御が出来るレベルまできたのが下記。

/* This souce code written my Michael Rolig (email: michael_rolig@alumni.macalester.edu)
* This can be considered to be in the public domain
*/

/* Modified for Radio Shark2 2007-05-11
* This source code is written by Hisaaki Shibata (email: shibata@luky.org)
* Original Shark2 controll code in Delphi is written by
* Kawabe (email: mail.kwb@gmail.com)
* This can be considered to be in the public domain.
*/

/* Modified for Radio Shark2 on Raspberry Pi 2 with hidapi.h 2015-11-22
* This source code is written by Hisaaki Shibata (email: shibata@luky.org)
* This can be considered to be in the public domain.
*/

#define DEBUG false /* Set true for copious debugging output */
#define SHARK_VENDID 0x077d /* Griffin's Vendor ID */
#define SHARK_DEVID 0x627a /* The radioSHARK2's Device ID */

#define READ_EP 0x5 /* libhidapi read command? */
#define WRITE_EP 0x5 /* libhidapi write command? */
#define SEND_PACKET_LENGTH 7 /* size of an instruction packet: shark2=7 */

#include <stdbool.h>
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <string.h>
#include <unistd.h>
#include "hidapi/hidapi.h"

void usage(int argc, const char** argv) {
printf("%s <command> <arg>\n\tchange state of radioSHARK2\n\n", argv[0]);
printf("commands:\n"
" -fm <freqeuncy> : set FM frequency, e.g. '-fm 80.7'\n"
" -am <frequency> : set AM frequency, e.g. '-am 730'\n"
" -blue <intensity> : turn on blue LED (0-127) '-blue 127'\n"
" -red <0/1> : turn on/off red LED '-red 1'\n");

/* Declare variables used later */
hid_device *handle;
struct hid_device_info *devs, *cur_dev;

devs = hid_enumerate(0x0, 0x0);
cur_dev = devs;
while (cur_dev) {
printf("Device Found\n type: %04hx %04hx\n path: %s\n serial_number: %ls",
cur_dev->vendor_id, cur_dev->product_id, cur_dev->path, cur_dev->serial_number);
printf("\n");
printf(" Manufacturer: %ls\n", cur_dev->manufacturer_string);
printf(" Product: %ls\n", cur_dev->product_string);
printf("\n");
cur_dev = cur_dev->next;
}
hid_free_enumeration(devs);

}

int main(int argc, const char** argv) {

/* Declare variables used later */
int ret;
hid_device *handle;
struct hid_device_info *dev;

/* Build the instruction packet to send to the shark */
unsigned char PACKET[SEND_PACKET_LENGTH] = { 0x00, 0x00, 0x00, 0x00, 0x00, 0x00, 0x00 };
unsigned short encodedFreq;
float freq;
unsigned int intensity;

if (argc == 3) {
if (strcmp(argv[1], "-fm") == 0) {
/* Tune to an FM frequency */
PACKET[0] = 0x81;
encodedFreq = 0;
freq = atof(argv[2]);
encodedFreq = ((freq * 10 * 2) - 3 );
PACKET[1] = (encodedFreq >> 8) & 0xFF;
PACKET[2] = encodedFreq & 0xFF;
PACKET[3] = 0x33;
PACKET[4] = 0x04;
PACKET[5] = 0x00;
PACKET[6] = 0x28;
if (DEBUG) {
printf("band = fm\n");
printf("freq = %.1f\n", freq);
printf("encoded freq = 0x%x\n", (unsigned int)encodedFreq);
}
} else if (strcmp(argv[1], "-am") == 0) {
/* Tune to an AM frequency */
PACKET[0] = 0x81;
encodedFreq = 0;
freq = (float)atoi(argv[2]);
encodedFreq = ((unsigned short)freq * 4 ) + 16300;
PACKET[1] = (encodedFreq >> 8) & 0xFF;
PACKET[2] = encodedFreq & 0xFF;
PACKET[3] = 0xF3;
PACKET[4] = 0x36;
PACKET[5] = 0x00;
PACKET[6] = 0x24;
if (DEBUG) {
printf("band = am\n");
printf("freq = %d\n", (unsigned int)freq);
printf("encoded freq = 0x%x\n", (unsigned int)encodedFreq);
}
} else if (strcmp(argv[1], "-blue") == 0) {
/* Adjust the blue LED */
intensity = atoi(argv[2]);
PACKET[0] = 0x83;
PACKET[1] = (char)intensity;
} else if (strcmp(argv[1], "-bblue") == 0) {
/* Adjust the blue LED's pulsing rate */
intensity = atoi(argv[2]);
PACKET[0] = 0xA1;
PACKET[1] = (char)intensity;
} else if (strcmp(argv[1], "-red") == 0) {
/* Toggle the red LED */
intensity = atoi(argv[2]);
if (intensity) PACKET[0] = 0x84;
else PACKET[0] = 0x84;
PACKET[1] = (char)intensity;
} else {
/* Bad command - display the program's usage instructions */
usage(argc, argv);
exit(1);
}
} else {
usage(argc, argv);
exit(1);
}

/* Initialize the hid library */
ret = hid_init();
if (ret != 0) {
fprintf(stderr, "hid_init failed with return code %d\n", ret);
return 1;
}

/* Open the shark */
dev = hid_enumerate(SHARK_VENDID, SHARK_DEVID);
handle = hid_open(SHARK_VENDID, SHARK_DEVID, 0);
if (handle == NULL) {
fprintf(stderr, "hid_open failed with return code %d\n", handle);
return 1;
}

/* Send the instruction packet constructed above to the Shark */
ret = hid_write(handle, (char*)PACKET, SEND_PACKET_LENGTH);
if (ret == -1) fprintf(stderr, "hid_write failed with return code %d\n", ret);

/* Close the shark */
hid_close(handle);

/* Close the hid object */
hid_free_enumeration(dev);

return 0;
}


上記をshark2-hidapi.cに置いている。
 #サンプルコードからまるっともらってきたりしてゴミが残っていたり、
 #見直しも何もできていないけど(^^;

これを

gcc -g -o shark2-hidapi -lhidapi-libusb shark2-hidapi.c

でコンパイルし、
shark2-hidapi -red 1

とやると、赤いLEDが点灯した(^O^)

サウンド出力はまだ確認していないけど、、LEDが制御できたのなら、チューナーも動いているはず。

もう今日は寝る!

続く。

    

Raspberry Pi 2 で RadioShark2(その1)

こっそり(?)、ヤフオクでRadioShark2をもう1台手に入れた。

 #現在、El CapitanでRadioShark2が動かない(対策その1)に書いているように
 #Mac miniにRadioShark2をつないで、FM福岡を録音しているが、
 #どうせならRaspBerry Pi 2で録音できるようにしたいと考え、
 #入手したものだ。
 #今やっている録音は中断できないので、もう1台ということで(^^;;;

LinuxでRadio Shark2 (その3:一応出来た編)に書いているように、
LinuxでのRadioShark2のコントロールは、もう8年ほど前になんとかできているので、
これを使えば一発だろうと考えた(^^)。

Raspberry Pi 2の4つもあるUSB端子に入手した2台目(二代目?)RadioShark2を接続してみた。

/var/log/syslogを見ると、
 #syslogなんて、何年振りに見るだろう(^^;;;;;

Nov 23 00:40:30 hispi kernel: [53265.439196] usb 1-1.2: new full-speed USB device number 7 using dwc_otg
Nov 23 00:40:30 hispi kernel: [53265.547632] usb 1-1.2: New USB device found, idVendor=077d, idProduct=627a
Nov 23 00:40:30 hispi kernel: [53265.547650] usb 1-1.2: New USB device strings: Mfr=1, Product=2, SerialNumber=0
Nov 23 00:40:30 hispi kernel: [53265.547660] usb 1-1.2: Product: radioSHARK
Nov 23 00:40:30 hispi kernel: [53265.547671] usb 1-1.2: Manufacturer: Griffin Technology, Inc.

てな感じに、きちんと認識されている。

さすが、Linux(^^)

これは思った通り楽勝だと思い、shark2.cをコンパイルしてみようとしたが、
そもそもlibhid.hのインクルードすらできない(@_@;;

うーん、と悩んでapt-cache search libhidでそれらしいパッケージを探してみた。

root@hispi:/home/pi# apt-cache search libhid
libhidapi-dev - Multi-Platform library for communication with HID devices (development files)
libhidapi-hidraw0 - Multi-Platform library for communication with HID devices (hidraw backend)
libhidapi-hidraw0-dbg - Debugging symbols for libhidapi-hidraw0
libhidapi-libusb0 - Multi-Platform library for communication with HID devices (libusb backend)
libhidapi-libusb0-dbg - Debugging symbols for libhidapi-libusb0
libhidrd0 - runtime library for parsing and generating USB HID reports
libhidrd0-dbg - detached debugging symbols for libhidrd0
libhidrd0-dev - development files for parsing and generating USB HID reports

「これだな」ということで、apt-get install libhidapi-devを実行すると、他にもあれこれインストールされた。
関係しそうなのは下記。

root@hispi:/home/pi# apt-show-versions |grep libhid
libhidapi-dev:armhf/jessie 0.8.0~rc1+git20140201.3a66d4e+dfsg-3 uptodate
libhidapi-hidraw0:armhf/jessie 0.8.0~rc1+git20140201.3a66d4e+dfsg-3 uptodate
libhidapi-libusb0:armhf/jessie 0.8.0~rc1+git20140201.3a66d4e+dfsg-3 uptodate

さて、これでコンパイル...とやってみたが、エラーだらけ(^^;;;
これも予想していたので、/usr/include/hidapi/hidapi.hを見てみたら、
なんとがっさりhid.hと中身が変わっていた(@o@;;

うーん、続く

    

2015年11月 1日

El CapitanでRadioShark2が動かない(対策その2)

しかし、Audacityでは指定日時の1回分の予約は出来るものの、
RadioShark2付属ソフトのような
「毎週日曜日の14時から55分間、山下達郎のSunday Song Bookを録音」
というような設定はできないようだった。

また、Audacityは機能がいっぱいありすぎて、
「バッチファイル的に、一定時間録音して、音声ファイルを出力しておしまい」
というシンプルな用途には向いていない感じだった。

「うーん、Mac OS Xでcrontabって使えるのか?」とか、
「Audacityをコマンドラインで起動して、予約録音のパラメータを引数にできるのか?」、
「いやいや録音だけなのだから、もっとシンプルなソフトはないのか?」など
あれこれ調べていると、用途にドンピシャなナイスな(^^;ソフトを発見した。

MacFeeling Software
マックな感じのソフト達

QTAir(キューティーエアー)
というもの。

録音設定で音源も設定できるので、RadioShark2を入力源にすると、それだけで外部に音声が流れてきた。
 #「プレビュー音を出さない」をチェックすると、聞こえなくも出来る。
 #ちなみに、QTAirインストール直後の初期設定では「プレビュー音」がありだったので、
 #すでに登録していたSondFlower+LadioCastの音声出力とmixされて、しかも微妙に時間にディレイがあり
 #エコーがかかったような音声で聞こえた(^^;
さらに、出力ファイル形式の指定もできて、至れり尽くせり。

試しにリアルタイムで録音してみたけど、タイムスタンプ付きのファイル名が出力され
いい感じです。

予約設定は「繰り返し」に曜日指定が出来るので、まさにドンピシャ!です。
テストで5分ほど予約録音してみましたが、裏でiTunesで音楽を聴きながらでも
全く問題なく録音できていました。

せっかくFMアンテナを立てたので、RadioShark2も、もう少し使っていけそうだ。

    

El CapitanでRadioShark2が動かない(対策その1)

Radio Shark2を接続してFM福岡録音専用機(ちょっと嘘)としているMac Miniを
よせばいいのに下調べもせずにEl Capitanにupgradeしました。

 #これがまた、普段と同じくディスプレイを接続しないまま
 #VNC経由でupgradeして、
 #途中でどうにもならんかったりした(^^;のですが、
 #upgradeそのものは無事完了

動作確認したところ、Radio Shark2のアプリそのものは動いていて、
選局などは動くのですが、どうにも音が出ません。

 #「システム環境設定」でも「Radio Shark2」は見えていて、
 #しかもレベルメータが動いているので、音声が出ていることまで
 #Mac OS Xからも認識している感じなのですが...。

あれこれ調べると、
OS X El Capitan: Working & Not Working Apps
の"Not Working"の欄にRadio Sharkの名前が...。
しかし

RadioSHARK (app works but gets no sound from device).
Workaround: Use Audio Hijack 3.1.1 to round sound from RadioSHARK input to Line Out

という、気になる記述があった。
なんとかなるのか!?...と思いAudio Hijackというものをダウンロードして
あれこれ操作すると確かに音声が流れてきた(^^)。

しかし、Audio Hijackは有償ソフトであり、フリーのまま使うと
10分ほどでホワイトノイズがミックスされた音声出力となった。

「現在の音声が聞こえないのはEl Capitanのバグであり、そのうち直る(^^;」と考え、
購入せず(^^;にできる方法はないかとあれこれ調べてみた。

Audio Hijackと同じように、AudioFlowerというものがMac OS X上の仮想オーディオデバイスとなり、
同じようなことができそうな気配であった。

これまたAudioFlowerもEl Capitanではすんなり動かないことがNet上で報告されていたが、
SoundFlower-2.0b2.dmgというものを探し出し、Audacityでのタイマー録音も出来たし、
LadioCastというmixerソフトをつかって、ライブでのラジオ聴取も出来るようになりました\(^^)/。
 #Net上にAudioFlower Audacityで検索すると、いっぱい出てきます。

その2に続く

    

2011年3月22日

今日は一日”大滝詠一”三昧...堪能しました

いやぁ、堪能した。新しい発見がいっぱいあった。
今日は一日”大滝詠一”三昧

最初の2時間程度の録音失敗は痛いけど、まぁ、ほとんど聞けたから良いか。

    

2011年3月12日

福島第一原発1号機に関する枝野官房長記者会見

枝野官房長の記者会見をまとめると、下記かな?
・爆発は発生した。建屋内の水素に引火し、建屋が爆発した。
・東電によると、格納容器は破損していない。
・現時点では、放射性物質が大量に漏れだす状況ではない。
・外部で計測されている放射能は爆発当時よりも低く推移している。
・格納炉の破損などによる今後の被害拡大を防ぐため、海水による冷却とホウ酸水による再臨界防止を行う。

長期視点というよりも、短期的に最悪の事態になることを防ぐために、
今出来ることのベストを尽くしているんだろうなぁ。

ちょっと修正。21:06

短期的な取り組みがダメというつもりではありません。
緊急時には緊急時に適した行いがあると思うから。21:23

    

2011年2月26日

聖地巡礼

映画やアニメに登場した場所を訪問することを「聖地巡礼」というらしい(^^;。(若女将談)

昨年末にNHKで放映されていた「劇場版MAJOR メジャー 友情の一球」という野球アニメを見ていたら、見慣れた景色があった。
CIMG0811.JPG

通勤路である(^^;
聖地巡礼という訳ではないが、ほぼ同じあたりで写真を撮ってみた。
CIMG0930.JPG

映画のワンシーンは夕方、私が写真を撮ったのは朝方ということで、
光と陰の向きが逆なのでおもむきが若干異なるがまぎれも無くこの辺りをモチーフにしたのだろう。

映画の中でも「室見川に行ってくる」という台詞も出ていた。

    

2010年8月31日

ちんさやリターンズ

しまった。いつの間にか復活していた。

しかも、今度はustreamありなのか。
これは、本当にラジオというジャンルなのか?(^^;
半年以内にスポンサーついてくれないかなぁ。

    

2010年8月 2日

夫婦ゴルフのすすめ

サブタイトルは「妻は100切り・夫は90切りに挑戦」だそうな。
我が家の場合、前者は目の前、後者は先が長いなぁ。

とりあえず、今週から始まったので、じっくり視てみようと思います。

    

2010年6月15日

薄氷

それでも、勝ちは勝ち。
結果を出さないとね。何事も。
自戒。

    

2010年6月14日

先制

本田〜!(^0^)

    

2010年4月17日

専門力

NHKの番組から。仕事学のすすめ:専門力が仕事をひらく
うーん、良い話だ。
CIMG7483.JPG
CIMG7484.JPG

小麦相場で苦しみ抜いてその道のプロになったからこそ、経営のプロにも成れたんだろうな。

続きも読む "専門力"
    

2010年3月20日

Global Niche vs. 「半径500m以内でシェア100%」

商売の仕方って、色々あるんだなぁ。
全て、顧客視点なんだろうなぁ。
顧客が誰なのかって考えるのは、難しいけど楽しそうだ。

NHKの「ビジョンe」にて。

    

2010年2月28日

尾花流チーム再建の方程式

ヤクルトの尾花監督のチーム再建の考え方が数日前のスポーツニュースで放映されていた。
CIMG7217.JPG

分かりやすい式である。腑に落ちる。掛け算であるところも納得できる。

これは、パクらせてもらおう(^^)。

    

2010年2月 7日

“言語力”が危ない

2009年11月にNHKクローズアップ現代で放映された「“言語力”が危ない」を改めて視てみた。

私の周りでも思い当たる節が多いのが、何とも言えない(^^;

CIMG7118.JPG
まず、「整理」の仕方が分かっていないんだろうなぁ。
また、「考え」が無い場合は、もっと深刻な問題であるが、これは別の話かもしれない。

続きも読む "“言語力”が危ない"
    

2010年1月 8日

悩めるゴルファーのかけこみ道場

NHK趣味悠々 | 悩めるゴルファーのかけこみ道場〜高松志門・奥田靖己が伝授〜

O大支店長殿、いかがでしょうか?(^^;
今からなら、再放送で1回目から間に合いまっせ。

    

2009年8月15日

NHK FM 今日は一日『なつかしのアイドル』三昧

NHKFM-IDOL-ZANMAI.png
いやぁ、堪能しています(^^;

    

2009年7月 1日

国土地理院 都市圏活断層図

NHKの朝のニュースによると、本日から都市圏活断層図が公開らしいが、まだ発表資料通りのページコンテンツになっていないなぁ。

    

2009年2月19日

NHK 出社が楽しい経済学

どうも、うちの若手(?)で、この番組を視ているものが多いみたいだ。
わたしは、たまたま2回程度視たぐらいなんだけど。

NHK 出社が楽しい経済学

本もでているんだ。買おうかなぁ。

しかし、経済学って、その実は心理学とか生理学(本能)だなぁ...って感じますね(^^;

    

2009年2月14日

My Funny Valentine

今日が誕生日の悪友に電話したところ、自分の歳のカウントが間違っていることが判明した(^^;
まぁ、この歳になると1歳や2歳は誤差の範囲なのだが、それにしてもいかんなぁ。

NHK FMのJazz Tonightでは My Funny Valentine 特集をやっていた。

Miles Davisが1曲目

    

2008年8月15日

ソフトボール

NHKのオリンピック中継の中で、興奮するのは水泳・柔道・体操・野球だけど、
見ていておもしろいのはソフトボール。

独り言の様に淡々とした解説ながら、的確なコメントがなかなか良い。

日本チーム側にヒット性の当たりのときに、思わず出ている感じの「OK!」や「行け!」とか、
攻めが今ひとつの時の「うーん」とうなる感じが、監督の心中をそのまま代弁している感じで面白い(^^;。

    

2008年5月25日

fm fukuoka新ロゴ

気がつかないうちに、ロゴが変わっていた(^^;

それと、Slash Bに代わる(?)番組として、
ちんさや 〜電脳系FMラジオと言うのが始まっている。
例の「今週のエコノミスト」も復活している。

過去の放送内容はPodcastで公開しているので、追っかけて聴いている。

次回からRadio Shark2でリアルタイム録音もする予定。

続きも読む "fm fukuoka新ロゴ"
    

2008年5月18日

NHK「伝える極意」

会社でもちょっと紹介したけど、NHKの「伝える極意」と言う番組がおもしろい。

「小学校5・6年生・国語」の教材らしいのだけど、バカにできない良い内容だと思った。
#番組内で示していたことすら出来ていない大人が山ほどいますよ、きっとσ(^^;。

こんな教育を受けていれば、こんなにコミュニケーションで苦労しないだろうに...と悔し涙をながしております(嘘)。

ちなみに、「伝える極意」のページから、放送内容が参照出来るので、今から見ても間に合いますよ。

    

2008年3月 7日

会議のさばき

NHKプロフェッショナルの2007年5月の番組内で説明されていた「会議のさばき」。

建築家の隈研吾さんが短時間にサクサク会議を進める方法として上げられていた。

R0019868-s.JPG

会議の場で、
1.今、決める
2.相手に任せる
3.今度、考える
を「瞬時に」判断して、会議を転がしているようだ。

続きも読む "会議のさばき"
    

2007年11月26日

SONGS 夏川りみ

NHKのSONGSに出ていた夏川りみを久々に見た。
#ちょっとふっくらした?(^^;

その中でこの↓アルバムが紹介されていた。

番組では収録されている中から、
・時代(作詞・作曲:中島みゆき)
・見上げてごらん夜の星を(作詞:永六輔 / 作曲:いずみたく)
が歌われていた。
透明感がある声が伸びるなぁ。

個人的には、大好きな
・‘S Wonderful(作詞:IRA GERSHWIN / 作曲:GEORGE GERSHWIN)
が聴きたかった。

    

2007年10月17日

NHK ためしてガッテン:脳もビックリ! 集中力アップ大作戦

録画してあった

ためしてガッテン:脳もビックリ! 集中力アップ大作戦

を観た。

R0019448-s.JPG

ヒューマンリソースの有効活用には、
・環境の整備

・達成可能な目標とわかりやすいKPIの設定
ということか。

鞭より飴、目の前のニンジンなんだろうなぁ(^^;

    

2007年1月28日

NHKクローズアップ現代 1月24日“独占ソフト”発売の波紋

遅ればせながら録画しているものを見た。

1月24日(水)放送
“独占ソフト”発売の波紋
〜新ウィンドウズ発売〜

(名前はでていなかったけど)鈴木さん、内閣府の平林さんが出ていて「おぉっと」と言う感じ(^^;

デスクトップユースでの問題はOSの互換性というよりもアプリケーションソフトウエアの操作上の互換性やファイルフォーマットの互換性の問題だなぁと言う感じでまとめられていた。

#実際、自分で使っていてもそうだと思う。

    

2007年1月19日

2006年12月31日

教育用PC リナックスで再生

NHKニュース: 教育用PC リナックスで再生

Win98はサポートが切れていたのか(^^;
まぁ、長く頑張った方だといえるかなぁ。

Linuxで再生というのは良い案だと思うけど、ハードウエアもあまり長く使うと厳しいだろうなぁ。

続きも読む "教育用PC リナックスで再生"
    

2006年3月27日

NHK ビジネス未来人 新市場をひらけ 香りビジネス

録画していたNHK ビジネス未来人 新市場をひらけ 香りビジネスを視た。

社長は儲けより社会性を選択し、株主もそれを後押しする...良い話だけど、実際にやっているところがすごいな。

社会に貢献すると言う心を最近忘れていたなぁ。


続きも読む "NHK ビジネス未来人 新市場をひらけ 香りビジネス"
    

2006年2月19日

NHK その時歴史が動いた シリーズ真珠湾への道

録画してあったけど、視る時間がなかったものだが、いろいろ仕事上で気になることがあり、ふと思い出して視てみた。

シリーズ真珠湾への道 <前編> 〜山本五十六 苦渋の作戦立案〜
シリーズ真珠湾への道 <後編> 〜山本五十六 運命の作戦決行〜

山本五十六は連合艦隊司令官であり、トップとして決定出来るものだと思っていたのだが、あくまでも「現場のトップ」であり、更に上に軍令がいて苦悩しながら進めていったのだなと、新たに認識した。

続きも読む "NHK その時歴史が動いた シリーズ真珠湾への道"
    

NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

Project-Xの後番組だけど、これもなかなか良いな。

プロに共通しているのは「こだわり」かなぁ。

続きも読む "NHK プロフェッショナル 仕事の流儀"
    

2006年2月 4日

DEPAPEPE

録画してあったNHKのTop Runnerを視たところ、登場していたDEPAPEPE。

GONTITIを若くカジュアルにした...と言うとファンにしかられるかな(^^;
なかなか良いな。

続きも読む "DEPAPEPE"
    

2005年12月29日

サラリーマン neo

たまたまテレビを視ていたら、NHKでやっていた。

結構笑えた。

笑うだけでも面白かったけど、ゴーン氏がサラリーマンからの質問に答えていたのがまた良かった。

続きも読む "サラリーマン neo"
    

2005年12月 5日

NHK知るを楽しむ 禁断の科学 軍事・遺伝子・コンピューター


今日から放送が始まっている。第1回放送を今見ているところ。

「21世紀の科学と科学者のあるべき姿を考える」
とのこと。

続きも読む "NHK知るを楽しむ 禁断の科学 軍事・遺伝子・コンピューター"
    

2005年10月18日

Food Force

NHKのニュースで紹介されていたが、国連のWFP(World Food Programme)が食料援助を身近に感じてもらおうと企画したものらしい。

日本語版がリリースされ、コナミのサイトからWindows用がダウンロードできる。

窓の杜でも「コナミ、藤岡弘、と平山あやを起用した「Food Force」の日本語版を無料公開」と言うように紹介されている。

#英語版はMacとWindowsの両方があるようだ。
#もとはMacなのかな?QuickTimeが必要のようだし。

続きも読む "Food Force"
    

2005年10月 1日

沖縄三大無責任言葉

私がよく視ていたNHKの「人間講座」を受けて始まった「知るを楽しむ」もなかなか良い。

曜日毎に大きな分類が決まっているようで、木曜日は「日本語なるほど塾」というテーマで日本語に関する話題をいろいろと取り扱っている。

9月は「沖縄ことばチャンプルー」と言うことで、ちょっと興味があり、録画していた。

「沖縄三大無責任言葉」はその第3回で出てくる。先ほど観ていて思わず笑ってしまった。

続きも読む "沖縄三大無責任言葉"
    

2005年7月 3日

animation for concepts

録画してあったものを整理がてら見ていたら、非常におもしろいものを発見した。

今年の正月三日にNHK教育で放映された『考え方』が動きだす 〜 佐藤雅彦研究室のアニメーション・スタディ 〜である。

四分木での二次元の解析、八分木での立体(三次元)の解析をアニメーションを使って情報科学的でありつつ、わかりやすく説明している。

#しかし、残念ながら、途中で録画が切れている。
#後半もおもしろそうなのに。
#誰か録画していたら、貸してください(^^;

尚、佐藤雅彦氏は、団子三兄弟などでも有名であり、私が読んだ本の中にも著書(というか対談)がある。
経済ってそういうことだったのか会議

難しいことを如何にわかりやすく伝えるかと言う技術・能力に関してはすばらしいものがあると思う。

このページもなかなかおもしろい。→MASAHIKO ASTO

続きも読む "animation for concepts"
    

2005年5月13日

NHK Top Runner

NHK Top Runnerの5/8の再放送である渡辺 明竜王の回を先ほど観た。

竜王とはいえ、やはり歳は私と倍半分だけあって、大人でありつつ、良い意味での若者の雰囲気が漂っていた。

笑えたのは、扇子に書いた「活」の文字。
まさに小学生並だった(失礼(^^;

続きも読む "NHK Top Runner"
    

2005年4月19日

●NHK高校講座「理科総合 A・B」

実は、NHK高校講座「理科総合 A・B」を録画して、ほぼ欠かさず見ている(^^;

ほとんどの講座内容は知っていることだけど、忘れていることもあり思い出されるし、
司会者とレポータそして先生のやり取りは、まじめに、またあるときは珍妙(?)であり面白い。

今現在は再々放送であろうか。

続きも読む "●NHK高校講座「理科総合 A・B」"
    

2005年3月 5日

NHK 21世紀ビジネス塾: 経営の悩み(1.商品開発)

今回は中小企業の経営者の悩みをに対する助言を行うという番組。

番組中の会話の内容をほぼ全てNHKが公開してくれている。番組を見た私にもありがたい。
2月25日放送の番組台本 公開お答えします 経営の悩み

中小企業の経営者から寄せられた悩みを大きく3つのカテゴリに分類してそれぞれにコメントしている。

・商品開発
・販売方法
・人材

続きも読む "NHK 21世紀ビジネス塾: 経営の悩み(1.商品開発)"
    

2005年2月13日

ウイルス究極の寄生生命体 NHK人間講座

今まさに放映中である。

先のきれい社会の落とし穴―人と寄生虫の共生と同じような話であるが、寄生虫として分類されてはいないウイルスに関してのはなしである。

放映そのものは現在進行形であるが、テキストは一足先に全部読んでみた。

ウイルスも人類以前からあり、人類はウイルスとともに進化してきたようなものだとおもうと、うまくつきあうしかないのかなと言う感じ。

続きも読む "ウイルス究極の寄生生命体 NHK人間講座"
    

2005年2月 4日

NHK 日露戦争100年 日本海海戦 参謀 秋山真之・知られざる苦闘〜

後半の一部しか見ていないけど。
MHK 1月26日(水)放送 第205回 日露戦争100年 日本海海戦 〜参謀 秋山真之・知られざる苦闘〜

やはり、戦争ってプロジェクトなんだなぁって感じでした。

大将は大将。参謀は参謀。
それぞれの役回りとスタイルがあるよね。

続きも読む "NHK 日露戦争100年 日本海海戦 参謀 秋山真之・知られざる苦闘〜"
    

2004年12月31日

ごくせん

ごくせんSP傑作選を見てる。

ごくせん

#青春っていいなぁ(^^;

1月から新シリーズが始まるらしい。

続きも読む "ごくせん"
    

2004年12月22日

NHK わくわく授業 技(わざ)をみがけば作文が書ける!

技(わざ)をみがけば作文が書ける!〜 池田修先生の国語 〜

作文を書く上でのポイントを「料理づくり」になぞらえて教えている。

文章を書くのって、才能によるところも大きいと思うけど、
池田先生が教えているフレームワークに従うと頭の中の材料がうまく引き出されて
おいしい料理(作文)が出来るようである。

才能の他にも、コツ(方法論)が必要なのは、なんに付けても言えることかな。

続きも読む "NHK わくわく授業 技(わざ)をみがけば作文が書ける!"
    

2004年12月 6日

NHK ZEROスペシャル 超ミクロの世界 生命と技術の驚異(12/4放送)


サイエンスZERO

サイエンスZEROもよく観るのだが、12/4にあった「マイクロバブル」を利用した医療や船舶での省エネってのもすごいな。

#あるものの大きさを変えるだけで性質が変わるというのは、会社組織などにも言えるかもね。

サルモネラ菌のべん毛モータやミトコンドリアの分子モータもすごいな。

自然や宇宙の設計者である神って、やっぱりすごい。

    

2004年12月 2日

NHK わくわく授業  〜 酒井達哉先生の総合的な学習の時間 〜

酒井達哉先生の総合的な学習の時間

たまたま、ついさっき見たのだが、この授業はすごい。

小学校5年生に対して、プレゼンテーションの授業を行っている。

外部の観衆に対してプレゼンテーションを行い、観衆の理解度が80%を越えることを
最終目標にしている。

また、最終目標に至るまでに、定量的なプレゼンテーション採点シートを作成して、
途中途中の小目標を定めている。
採点シートは定量的にKPIを測定している。

改善のサジェスチョンを行うけど、改善内容そのものは生徒が考えている。

続きも読む "NHK わくわく授業  〜 酒井達哉先生の総合的な学習の時間 〜"
    

2004年11月16日

NHK クローズアップ現代 2004.11.10: クレームで企業力アップ

NHK 21世紀ビジネス塾: 苦情クレーム博覧会2004と重複した内容もあったが、もう少し掘り下げた感じ。

受け身でクレームを受けても、その後の処置を積極的にやっていくものもあれば、
積極的にクレームを聞いてまわるような取り組みをしている企業もある。

「生産と消費が手を携えて新たなものを作っていく」いわゆる
「プロシューマの存在」というのは、大事にしないといけないかな。

#「そんな、寝た子を起こすようなことをしなくても」という人もいるけど、
#寝た子をほって置いても、いつかは目を覚ます。
#そのときに「なんで起こさなかったのか?(--#」と激怒されるぐらいなら
#その前にそっと起こしてあげた方が良いと思うが...ね?

顧客や外部の視点での指摘というのは、ある面(ある側面)で正確なものだと思う。

    

2004年11月13日

未来少年コナン

NHK アニメワールド:未来少年コナン
昔観たなぁ。

ギガント上の戦いが印象に残っている気がするが、画がなかなか頭にでてこない。
そのうち放映されるだろうから、期待して待ってよ。

    

2004年11月11日

NHK 趣味悠々 大人の遊び ダーツ&ビリヤード入門

今のところ、ダーツ編の2回分放映済み。

ダーツはきちんとやったこと無いけど、面白そうね。
ボーリングとかと同じで、メンタルスポーツだな。

    

2004年11月 4日

NHK 小柴昌俊博士の楽しむ最先端科学

小柴昌俊博士の楽しむ最先端科学

小柴博士の案内で「楽しい」ではなく、「楽しむ」ために先端研究者による高校生向けの解説を中心とした番組。

おもろい。楽しめる。

    

2004年10月30日

NHK 21世紀ビジネス塾: 苦情クレーム博覧会2004

NHKの21世紀ビジネス塾で10/29に放映されたものの中で紹介されていた。

苦情クレーム博覧会2004:福井商工会議所があなたの苦情を買います。

クレームを買うという発想はなかなか良い。
しかし、それよりすばらしいのは商工会議所がやっているという点だ。

良いねぇ。

    

2004年10月 8日

NHK 人間講座 数学の愛し方

大道芸人としても知られている
ピーター・フランケル
さんが道案内してくれる。

第5回 ゲーム理論で見る政治・経済第6回 IT社会と数学しか見ていないけど、なかなかおもしろかった。

そのほかの回も録画しているので後で視てみよう。
#テキストもまだ売っているかなぁ。

    

2004年5月10日

NHKアーカイブス 2004.05.02 ヤング・ミュージック・ショー「KISS」を見て

NHKアーカイブス 2004.05.02 ヤング・ミュージック・ショー「KISS」をつい先ほど、やっと見ることが出来た。
いやー、27年前とは思えない画質に、NHKの努力が伺える。

当時の日本観客のノリの悪さはいかんともしがたいが、楽しめましたよ。


に収録されているメルボルンでのオーケストラとのジョイント映像も出てきて楽しめました。
#オーケストラのメンバー全員がKISSのメイクをして演奏しているのは笑えます。

    

2004年5月 7日

NHK人間講座 「ユビキタス社会」がやってきた―人とコンピューターの未来

これもNHK人間講座からである。

放映を見た方はおわかりだと思うが、コンピュータの黎明期の歴史から現在の最新動向、μチップやT-engineなども交えて紹介しており、情報系の会社の新人にも読ませたい内容である。
放映と共に本書を読むことが理想的であるが、本書だけでもかなり良く纏まっている。

また、単なる「ユビキタスコンピュータ時代万歳」ではなく、セキュリティに関する言及もある。
560円(税別)で、この内容はお勧めである。
最新動向へのリンクとしても使える。

尚、本書に顔写真が載っている方々を列挙してみる。
#Hall of fameである(^^;
何が語られているかも想像できるかな。(敬称略、登場順)

  • 坂村健
  • フォン・ノイマン
  • ティム・バーナース=リー
  • グラハム・ベル
  • リチャード・ストールマン
  • リーナス・トーバルズ

コンピュータ社会初心者ではあるが、向学心のある方にお勧めします。

    

2004年5月 6日

古の武術を知れば動きが変わるカラダが変わる―NHK人間講座『古の武術に学ぶ』の甲野善紀・34の技をDVD120分収録!

NHKの人間講座の再放送をみて、是非すべてをみたいと思ったのだが、
既に再々放送であったらしく、さらなる再放映はなさそうであった。
しかし、本書がDVD付きで実際の甲野氏の技と共に見ることが出来ると聞いて早速購入した。

付録のDVDだけでも本書の価格の価値はある。

理論と実践、心と体、人間と動物、いろいろなことを考えてしまった。

放送されていない映像も入っているとのことであり、
武道に興味が無くても、運動理論や動物としての人間の限界に
興味がある方は、在庫があるうちに如何であろうか?

    

2004年4月29日

NHKアーカイブス 2004.05.02 ヤング・ミュージック・ショー「KISS」

2004.04.29現在のNHKアーカイブス 放送予定によると、


■ヤング・ミュージック・ショー「KISS」 (50分)
 1977年(昭和52年)5月7日放送


があるらしい。
おぉ。1977年4月2日の日本武道館公演の内容だと。おぉ〜。
曲目は

1. DETROIT ROCK CITY
  デトロイト・ロック・シティ
2. LET ME GO ROCK’N ROLL
 レット・ミー・ゴー、ロックンロール
3. FIREHOUSE
 ファイアーハウス
4. MAKIN’LOVE
 果てしなきロック・ファイアー
5. COLD GIN
 コールド・ジン
6. NOTHIN’ TO LOSE
 ナッシング・トゥ・ルーズ
7. GOD OF THUNDER
 雷神
8. ROCK AND ROLL ALL NITE
 ロックン・ロール・オール・ナイト
9. BLACK DIAMOND
 ブラック・ダイアモンド

おぉぉ〜。

PCとHDDレコーダのダブル体制で録画しよう。

ps.
この字幕は笑えるな(^^;

    

2004年4月15日

ProjectX POPヨシムラ

ProjectXを観て知ったのだが、POPヨシムラって、博多の人間だったんだ(^^;
奥さんの言葉にもその証拠があった。


『...これが、じんしぇいをかけて...』

モリワキの言葉も良いなぁ。


『...絶対にあいつら(大メーカ)には負けない。体中から静電気が出ている感じ...』

    

2004年3月31日

NHK 人間講座 「ユビキタス社会」がやってきた

正式なタイトルは

である。
坂村教授が、分かりやすく、多方面に渡り、熱く語っていて為になる。
取り立てて新しい技術知識が得られたわけではないが、そういうことを越えた「考え方」に関して感銘を受けた。
まだまだ、再々放送があるので、見損ねた方はどうぞ。 再々放送のスケジュールや概要は
NHK人間講座のページをどうぞ。     

2004年3月12日

NHK趣味悠々 目指せ200点! スポーツボウリングの世界

NHK教育番組で放映中である。第3回から録画して観ている。

私もボウリングが好きで、まぐれで200点以上を出したこともあるが、 普段は140前後がせいぜいである。

この番組で、相当勉強になっている。
何事もそうかもしれないが、あるレベルまでは我流でもいけるけど、 そこを突破するためにはスポーツであっても、論理が重要だなと感じる。
番組の中でも、第9回で「ボウリングというのは心技体が必要...」と言う言葉もあった(^^;

ちなみに、シューズは安物だけどマイシューズは持っているけど、マイボールも欲しいなぁ。
#頂く予定になっているけど、私が取りに行っていないの(^^;;

    

2004年3月 7日

NHK ETVスペシャル クレーム処理に王道なし

cover 「社長をだせ!―実録クレームとの死闘」の著者である川田 茂雄氏は、大手カメラメーカでクレーム処理の現場で歩んでこられた。

この川田氏がNHKに出演して黒田あゆみキャスターとの対話や再現ドラマなどを織り交ぜて、お話ししている。
川田氏は細身な体躯ながら、芯の強さを感じることが出来るまなざしだった。

内容は、まさに「王道なし」ということを実感させられます。
いわゆる悪質クレーマに対しては、あくまでも厳しく、
会社のことを思ってくれている・社会を良くしようとするクレームを寄せる方には きちんと「言葉に出てくる表のことだけではなく、相手の思いをくみ取って」対応しているようである。

カメラも機械であり、再現しない不具合もあるようだが、半年がかりでクレームを寄せた顧客とともに原因を究明して対応した話もあった。
基本的なクレーム対応に関しては、マニュアルは作れるかもしれないが、相手は人間であり、何もかにもマニュアルでの対応を行うことは、本質を誤ると言うことを再認識させられる。
また、部下に仕事を任せるときには、「制約条件」を設けずに任せることと、社内おける普段からの信頼関係を築くことが必要だということが話されていた。

本書を読んではいないが、ダイジェストを効果的に著者の言葉で聞くことが出来て、いい番組を見させていただいたと感じた。

    

2004年1月12日

NHKアーカイブス「我が友本田宗一郎」 井深大が語る天才エンジニアの生涯(91年)

本田宗一郎の引退後の言葉
  • 若い人が思いきって理想に燃えてやらなければ。
  • そりゃ、失敗もありますよ。でも、失敗がなければ成功もない。
  • 失敗と成功は紙の裏表みたいなもんですから。
続きも読む "NHKアーカイブス「我が友本田宗一郎」 井深大が語る天才エンジニアの生涯(91年)"