2007年8月29日

待機

 

いろいろあるなぁ。
続くなぁ。

2007年8月27日

6SJ7 Triode - 5V6GT Triode Single Amp. 改め 「5V6GT 1号機 Ver.8」

 

回路を変更して、名前が合わなくなったので(^^;、名前を「5V6GT 1号機 Ver.8」にした。

R0019400-M.JPG

6SJ7 - 5V6GT(6V6GT)今後の改造予定に書いたものの一部を実装した。

ヒータや外部電源は6SJ7 Triode - 5V6GT Triode Single Amp. Ver.7と同じ。

続きも読む "6SJ7 Triode - 5V6GT Triode Single Amp. 改め 「5V6GT 1号機 Ver.8」"

2007年8月23日

リップルフィルタに使えそうなFET

 

管球アンプのB電源用のリップルフィルタに使えそうなFETを書いておこう。
#まぁ、自分用のメモということで。


2SK3234


2SK2847

選定基準は「耐圧が高いこと」です。
#電流値はほとんど問題にならないだろうから。

上記2製品は、両方ともフルモールドのようだから、放熱用にシャーシに取り付ける際もあまり気をつかわなくてよさそう。

2007年8月22日

佐賀の副島

 

これで、「福島」さんと間違えられることも少なくなるだろう(^^;

2007年8月21日

那覇空港

 

asahi.com 中華航空機炎上、乗客・乗員165人無事 那覇空港

昼前に会社のエレベータホールのテレビを見て、びっくりした。

いつも仕事で、そしてたまに観光で乗り降りする那覇空港のANA側ウイングのすぐそばで
飛行機が炎上していた。

幸い死者は出ていないようだが、ほんとに間一髪だったみたい。

丸一日、空港閉鎖かとも思ったけど、すぐ後に着陸している飛行機がいるのにもびっくり。

2007年8月20日

6SJ7 - 5V6GT(6V6GT)今後の改造予定

 

と題して言う程大した事では無いけど、自分自身で行き当たりばったりにならないようにまとめておこう。

初段6SJ7を3結から5結に変えて感じたのは、当り前かもしれ無いけど「パワーが出るなぁ」でした。

それと、下記書籍などを読んで6SJ7の素性を見るに、5結でうまい動作点に持っていくと
0.7〜0.8%の歪み率で済みそうであるということが分かりました。

それを受けて、今後の改造は以下の方針とする。
6SJ7 Triode - 5V6GT Triode Single Amp. Ver.7
・初段を5結にする。(名前が変わっちゃうな(^^;)
・初段のVbbは250Vと100Vのどちらにするか、検討する。
・終段は3結のまま。Vbbは250Vのまま。
・NFBは(初段の歪率が小さくなると踏んで)終段のみとする。
・終段NFBの方式は、OTPの2次側を使ったkNFBにしてみる。
・終段を5V6GTと6V6GTのヒータ電圧切替えが出来るスイッチを追加する。

6SJ7 - 5V6GT Single Amp. Part2 改め、6SJ7 - 6V6GT Single Amp. Part2 Ver.1
・初段は5結のまま。
・初段のVbbは250Vと100Vのどちらにするか、検討する。
・終段は5結とする。Vbbは250Vのまま。
・NFBは終段のみのkNFBとオーバオールNFBの切替え方式とする。
・終段NFBの方式は、OTPの2次側を使ったkNFBにしてみる。
・時間が取れたら、終段に3結、5結、ULの切替スイッチを付ける。
・OTPの2次側は、終段の接続方式にあわせて複数タップから出力出来るように端子を追加する。
・終段を5V6GTと6V6GTのヒータ電圧切替えが出来るスイッチを追加する。
・初段の5670用のソケットは...どうしよう(^^;

いずれも、再びスイッチがいっぱいつきそう(^^;;

2007年8月19日

「まずい!!」学―組織はこうしてウソをつく / 樋口 晴彦

 

久々の新書。

3時間程度で読み終わったが、あちこちに耳が痛い話がある。

誰でも仕事での失敗は出来るだけしたくないと思うし、
私も仕事でいろいろな作業なり管理なりを行うことが多いが、
忘れがちな「監督責任」について再度思い起こさせてくれた。

つまり、以前から思っていた
・実行責任
・説明責任
に加えて
・監督責任
がある。

「監督責任」は「実行責任」に包含されるものであると考えるが、
アウトソーシングやサービス利用の形態が増えるにつれ、
明確に「監督責任」として意識しなおした方がよさそうである。

#全く意識していなかったわけでは無いけど。

早く第一弾の下記書籍も読んでみたい。

続きも読む "「まずい!!」学―組織はこうしてウソをつく / 樋口 晴彦"

6SJ7 Triode - 5V6GT Triode Single Amp. Ver.7

 

6SJ7 Triode - 5V6GT Triode Single Amp.の方も、Ver.4Ver.5Ver.6と小刻みに改造してきたが、昨日のヒータ電源のGND追加まで含めて回路図を整理してVer.7とした。

R0019373-M.JPG
FETの下の抵抗値を書き漏れているけど1KΩです。

記入している電圧値は無音時のものです。

続きも読む "6SJ7 Triode - 5V6GT Triode Single Amp. Ver.7"

FET破壊

 

あれこれ実験している際に、FET リップルフィルタ付き外部B電源に過電流を流してしまい、FETを壊してしまった。
R0019360-s.JPG

FET破壊後も出力電流は流れていたものの、壮大なハム(120Hz)が聞こえた。
壊れて分かるリプル除去効果の大きさ。

また、FET破壊後のDrain-Source間、Gate-Source間ともショートしており、ほぼ0.1Ω程度の抵抗値だった。

南無。

GND問題(その2)

 

まだいじってる(^^;

6月に発生した(?)GND問題と、その後の課題

実験した結果、残っていた課題の答えが見付かった。

>>・ヒータ電源のGNDは、アンプ本体のどこと繋ぐべきなのか?
>> (いまは接続していない。ケースのGNDか?)
>
>これはまだ、そのまま。
>プレートからもカソードからも不明な電位のまま。

この状態で6SJ7 - 6V6GT Single Amp. Part2 Ver.1にヘッドフォンを繋いで聴くと、ハムノイズが結構大きかった。

外部からは直流しか入れていないのに。

また、このハムノイズは、単純な60Hzでもなく、単純な120Hzでもない。
いくつかのノイズが混じっている感じ。
その上、左側から「ピュゥ〜〜ン」という発振らしき変な音も聞こえていた(^^;

そこで、外部ヒータ電源のGNDと本体のGNDを繋いでみた。

すると、該当ハムノイズはピタッと止まった。発振音らしきものも治まった(^^)。

6SJ7 Triode - 5V6GT Triode Single Amp. Ver.6の方も、同じくGND間を接続すると、ノイズレベルが下がった(^^)。

続きも読む "GND問題(その2)"

6SJ7 - 5V6GT Single Amp. Part2 改め、6SJ7 - 6V6GT Single Amp. Part2 Ver.1

 

6SJ7 - 5V6GT Single Amp. Part2 Ver.0として作り始めた2代目だけど、ヒータのみ全部6.3Vにしたので、
6SJ7 - 6V6GT Single Amp. Part2 Ver.1と言う名前に変更した。

今回は、6SJ7 Triode - 5V6GT Triode Single Amp. Ver.6と異なり、ヒータは全部並列にした。
従って、外部からのヒータ給電は6.3Vとする。

並列のヒータ給電配線はこちら↓。
R0019276-M.JPG
こそっと、入力RCAピンジャックからボリューム(今回は250kΩ-A型)へは、ビンテージケーブルを使ってみた。

続きも読む "6SJ7 - 5V6GT Single Amp. Part2 改め、6SJ7 - 6V6GT Single Amp. Part2 Ver.1"

2007年8月18日

FET リップルフィルタ付き外部B電源

 

休日と深夜のみのアンプいじくりのお時間です(^^;
100円ショップで買った缶灰皿をケースにして入れていた電源トランス7Z40WCDですが、あまりに危険かつ見栄えがいまひとつなので、ケースに入れ直すことにしました。

ついでに、リプルフィルタをFETを使ったものにして、高価な高圧コンデンサ代をけちりつつリプル含有率もサイズも小さなB電源を目指しました。

まずは、リプルフィルタの実装から。
R0019227-s.JPG
これは、まだ作りかけ。

続きも読む "FET リップルフィルタ付き外部B電源"

2007年8月15日

6SJ7 Triode - 5V6GT Triode Single Amp. Ver.6

 

とりあえず、6SJ7 Triode - 5V6GT Triode Single Amp. Ver.5から、
・初段にボリューム付ける
・電源部のコンデンサ容量アップ
・真ん中近辺のラグ板を外す
・代わりにアース母線を十文字に張る
を実施。

今後の調整・改造での違いを明確にするための出発点として、電気回路的にはVer.4から変えていない。

R0019190-s.JPG

続きも読む "6SJ7 Triode - 5V6GT Triode Single Amp. Ver.6"

2007年8月14日

6SJ7 Triode - 5V6GT Triode Single Amp. Ver.5

 

6SJ7 Triode - 5V6GT Triode Single Amp. Ver.4から、終段のデカップリングコンデンサのみ追加。
R0019153-s.JPG

電源トランスを外付け(?)にすると、やけにすっきりする。

続きも読む "6SJ7 Triode - 5V6GT Triode Single Amp. Ver.5"

2007年8月12日

掃除

 

admin memoと言う程のものではないけど、Blogサーバではない方のMac MiniのFAN周りを掃除。
ダイソーの100円ラックの上にMac Mini、下に増設HDD(ieee1394接続)を置き、ラックに12cm-FANを二つ付けて空冷している。
そのFANに換気扇フィルタを付けて幾分埃は減ったのだが、それでもかなり溜まっていた。
R0019127-s.JPG

linux-2.6.22.2

 

このBlogサーバ(初代Mac mini)のカーネルをアップデートした。

linux-2.6.21.1からlinux-2.6.22.2へ。

前回は2007.4.28かぁ。特に問題もなく安定して動いていた。
今回はどうかな?

ちなみに手元のノートPC(Thinkpad Z60t)のkernelも既に2.6.22.2にupdate済。

続きも読む "linux-2.6.22.2"

室内34.5℃

 

さすがに暑い。
R0019116-s.JPG

でも、シャワー浴びてJazzを聴きながら扇風機の風にあたると、そこまで厳しくない。
耐えられる。

外はカンカン照りだけど、36℃ぐらいあるんだろうなぁ(^^;

また、シャワー浴びてこよう。

2007年8月11日

Pool Side

 

台風というか、熱帯低気圧の余波でビーチは遊泳禁止。
しかたなくガーデンプールのデッキチェアにて葉巻。
SANY3018-s.JPG

#タバコの吸殻は私じゃないよ。

続きも読む "Pool Side"

2007年8月 7日

COHIBA, DUNHILL, Davidoff

 

かなり前に買ったシガーだけど、大丈夫かなぁ。
R0019107-s.JPG

贅沢だけど、旅のお供に持っていこう(^^)。
ビーチで葉巻をぷかぷかやれたら最高だろうなぁ(^^)。

2007年8月 6日

台風7号 もとい、台風6号

 

wp0707.png

台湾の方には申し訳ないけど、そのまま沖縄をかすめずに行ってくれよ。
くれぐれもスライスしてOBするなよ(^^;

続きも読む "台風7号 もとい、台風6号"

2007年8月 5日

技術士二次試験

 

経験者論文は二次筆記試験合格後に郵送することとなり、二次試験そのものは時間が短縮されたけれども、ハードなのはあいかわらず。

「情報システム・データ工学」を選択したが、他の選択問題の方が解けそうだった(^^;
まだ半分(少し?)、ハード屋なんだろうなぁ。

続きも読む "技術士二次試験"

2007年8月 4日

神の試練か悪魔の試みか

 

まぁ、成長を促すための「神の試練」だと、前向きに思っていますよ。

続きも読む "神の試練か悪魔の試みか"

We Got Trouble

 

Matrixのセリフで、なかったっけ?
字幕か吹替えだと「まずい...」だったかな?

続きも読む "We Got Trouble"