2011年3月12日

福島第一原発1号機に関する枝野官房長記者会見

枝野官房長の記者会見をまとめると、下記かな?
・爆発は発生した。建屋内の水素に引火し、建屋が爆発した。
・東電によると、格納容器は破損していない。
・現時点では、放射性物質が大量に漏れだす状況ではない。
・外部で計測されている放射能は爆発当時よりも低く推移している。
・格納炉の破損などによる今後の被害拡大を防ぐため、海水による冷却とホウ酸水による再臨界防止を行う。

長期視点というよりも、短期的に最悪の事態になることを防ぐために、
今出来ることのベストを尽くしているんだろうなぁ。

ちょっと修正。21:06

短期的な取り組みがダメというつもりではありません。
緊急時には緊急時に適した行いがあると思うから。21:23

投稿者 his : 2011年3月12日 20:56
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/102561
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。