2010年5月14日

量をこなして、質を上げる

年間3000件ものカテーテル手術をこなしている病院。

量が増えると質が低下しそうな気もするが、日常的に手術を行っていることにより
・若手を含めて、経験を積む場があり、技術が向上する
・日々発見した課題を解決し、設備が改善されてくる
・量もこなすことで、お金も集まる
というように、ヒト・モノ・カネが良くなって行っている感じ。

限界を超えない限り、ある程度の「量」は必要なんだろうなぁ。

投稿者 his : 2010年5月14日 20:03
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/95776
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。