2009年6月 7日

蛍光灯の修理(2台目)

もう1台の蛍光灯も不調。
こちらもインバータ型であるが、時折明るくなったり暗くなったりする。
照度調整のスイッチをいじったときのような現象である。スイッチ周りが臭いと思い、明けてみて見る。
CIMG4221.JPG

スイッチからのリード線をハンダ付けしている辺りが黒くなっていて、嫌な感じ。

拡大して見ると、こちらも半田はがれっぽいところや明らかなクラックがある。
やはり、力が加わるところにクラックが発生しやすい。
CIMG4226.JPG

黒くなっているところは、半田吸い取り線で一度半田を取り除き、様子を見てみた。
CIMG4254.JPG
基板側には問題なさそうである。

もう一度半田を盛ってみる。
CIMG4255.JPG

その他にも数カ所、半田クラック状態になってい所に盛り半田を行い、終了。

一部、後で写真を見て気がついたところがあるけど、再発したときにやろう(^^;

最近、細かいところを見るのがつらく、
#この現象を老眼と言い、経年劣化に伴うもので、修理が難しいらしい(--;
見落としや作業ミスがある。
困った困った。

投稿者 his : 2009年6月 7日 12:51
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/85653
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。