2009年5月31日

この世でいちばん大事な「カネ」の話

子供の指導の方法について、ある方に相談したところ、本書を読むように勧めていただいた。

私自身は、余り裕福じゃない、かといってひどい貧乏でもない子供時代だったが、
今思えば母親からきちんと指導を受けた子供時代だった。

今の子供は「何でもある」「何でも買える」状況なので、この先も適当に生きていけると勘違いしているような気がする。

私がきちんと指導できていない分、
そういう風に育ってしまった子供に読ませようと言うことだった。

私も3時間ぐらいで読んでみたが、中は大きく3つか?
1.著者が子供から学生になるまでの貧乏時代の話
2.学生時代に稼ぐように努力する話
3.稼いだお金を浪費し、そこから立ち直る話

今の子供には、1、2を読ませよう。
分かってくれるかなぁ、親心が。
分からないだろうなぁ、まだ。

投稿者 his : 2009年5月31日 10:36
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/85486
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。