2009年2月19日

NHK 出社が楽しい経済学

どうも、うちの若手(?)で、この番組を視ているものが多いみたいだ。
わたしは、たまたま2回程度視たぐらいなんだけど。

NHK 出社が楽しい経済学

本もでているんだ。買おうかなぁ。

しかし、経済学って、その実は心理学とか生理学(本能)だなぁ...って感じますね(^^;

投稿者 his : 2009年2月19日 01:28
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/82345
コメント

90年代後半以降は、いわゆる「ミクロ経済学」(個々の経済主体に焦点を当てる)の分野のトップ・プレイヤーたちは、心理学や生物学、神経生理学との関係がとても密接になってきています。

本の方は読んだことありませんが、テレビ番組の方は毎週欠かさず見ています。
解説の吉本佳生さんの背後の本棚から目が離せません。
目立つ位置に「ヤバイ経済学」と「ウォール街のランダム・ウォーカー」が並んでいるのが意味深だなぁと思いながら見ている僕です。

Posted by: 木公 : 2009年2月19日 14:30

「囚人のジレンマ」を今見ています。
ノイマンがゲーム理論を考えたところが深いなぁと思います。

人間の脳の判断の動き(ロジック)が電気信号のON/OFFで成り立っている...と考えて、ノイマン型コンピュータとして、まず脳の簡単なモデルを作ってみたのかもしれないな...などと、妄想してました。

Posted by: his : 2009年3月 8日 00:59
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。