2008年3月22日

MECEに考えるための11W6H(Ver.2)

ちょっと置いた後に、考え方10W6H(Ver.1)を見直してみた。

11W6H.jpg

いたずらにWとHを増やしているつもりはない。

言い回しもタイトルも変わっているけど、
「どれで(WHICH)」を追加した意味は大きい(つもり(^^;)

なぜかというと...

「どの道具で(Which Tool)」「どのフレームワークで(Which Framework)」「どの体系(Which Body of Knowledge)」
などといえるためには、あらかじめ道具立てや手順が引き出しの中に整理されていて
それから選べる状態になっていなければならない。

もちろん、選んだ道具はすぐに使える程度に整備され、さらに「だれが(Who)」「だれと(With Whom)」のおっさんたちが、使いこなせるものである必要がある。

と言うことは、準備が出来ていると言うことである。

ちょっと話がずれるが、
「標準化して、標準に則ってやれ!」
などといわれて、困っている諸兄がいると思うけど、そんなにビビらなくても悩まなくても良い。
いつもの道具を磨き上げて、使い込んで、手に馴染ませて、それで「いつものように」やれば良いのだと思う。

そのためにも、良い道具を最初から選んでおく必要がある。

いや、難しい。
いつも「最初が肝心」みたいな気がする。

ps.
PDFはこちら→9W4H-11W6H.pdf
odpはこちら→9W4H-11W6H.odp

投稿者 his : 2008年3月22日 23:13
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/71261
問題解決するために考えること
概要 問題を解決を行う場合に考えること。いろいろあると思うけれど、師匠の図はそのいろいろを網羅する一例だ。 MECEに考えるための11W6H(Ver.2) 押さ...
ウェブログ: The T World
時刻: 2008年3月24日 00:46
ER図にたどり着く
概要 MECEに考えるための11W6H(Ver.2)を見直していたら、いつの間にかER...
ウェブログ: shibata(hi) shokudou
時刻: 2008年4月 6日 21:05
コメント

俺はいつでもオッケーだぜ!

いつでも準備が出来ているって、大変なことだし、スゴイことよね。
でも一番大事なことだし、そうあるために皆頑張ってる。

世界的な某団体でも「そなえよつねに」ってのがありまっせ!

Posted by: netmaster2003 : 2008年3月22日 23:52

フレームワークの大事な点は、ともすれば散漫になりがちな思考を集中させるため、関心ごとを絞るというところにあると思います。

思考すべきは、増やすことではなく減らすことなんじゃないでしょうか。

Posted by: ねぎ : 2008年3月23日 00:14

netmaster2003さん:

> 俺はいつでもオッケーだぜ!

さすが、実績が違う(^^;


>いつでも準備が出来ているって、大変なことだし、スゴイことよね。

何とか先手が取れるように、頑張っております。

ねぎさん:
> 思考すべきは、増やすことではなく減らすことなんじゃないでしょうか。

そうよね。
増えた11W6Hを減らすために、大きく色分け分類しています。

Posted by: his : 2008年3月23日 00:31

わたしもこういうの使いますが、比較しますと「how long」がないですよ。how long指標は欲しいです。いつまでに、というところに近いですけど、あえてスパンの視点ってあると便利だと思われますよ。

ご参考。

Posted by: okdt : 2008年3月23日 09:25

okdtさま:

> how long指標は欲しいです。

how longはあえて入れませんでした。

> いつまでに、というところに近いですけど、あえてスパンの視点ってあると便利だと思われますよ。

おっしゃることは御意。
いつ「から」いつ「までに」でlongを意識させようと考えたのでした。

実際に進め方を考える時には、ケツ「いつまで」から(how longを考えて)逆算して、「いつから」を決めることが多いと思います。

#その結果、もう始めていないと間に合わないことが
#判明したりすることもこれまた多かったりしますが(^^;

Posted by: his : 2008年3月23日 10:55

WHOSEとFOR WHOMが分かれている理由を教えてください。
WHOSEがエンドユーザなら、FOR WHOMによって意識できるし、そうでないなら敢えてWHOSEを考えなくてもよい様に思うのです。
どうでしょうか。

Posted by: bae : 2008年3月24日 00:16

baeさま:

> WHOSEとFOR WHOMが分かれている理由を教えてください。

「世界人類のため」に、「誰かの」行いを正す...ことってありません?(^^)

Posted by: his : 2008年3月24日 22:52

そっか、1対1で考えるからだめなんだ。
「誰」の「何を」ってところにいろんな人(立場)を当てはめると「どうやって」のところもバリエーションが増えそうです。
つまり、「あなたへの愛のため」に「たとえ火の中、水の中」です:-)

Posted by: bae : 2008年3月25日 02:28
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。