2008年3月 7日

会議のさばき

NHKプロフェッショナルの2007年5月の番組内で説明されていた「会議のさばき」。

建築家の隈研吾さんが短時間にサクサク会議を進める方法として上げられていた。

R0019868-s.JPG

会議の場で、
1.今、決める
2.相手に任せる
3.今度、考える
を「瞬時に」判断して、会議を転がしているようだ。

このフレームワークもすごいが、
「今度、考える」も「瞬時」に判断しているところがすごい。

会議の場だけでなく、自分で考えるときも
同じようにさばいて行けばはかどるだろう。

私も「30分ルール」と称して、
「自分で30分考えても答えが出ないことは、そこで相談」
ということを行っている。

「瞬時」と「30分」が
超一流建築家と三流エンジニアの差かな(^^;

投稿者 his : 2008年3月 7日 23:23
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/70785
コメント

30分でも十分と思うが・・
私の場合わからないとあきらめるのが早い!
ただ単に考えるのがめんどくさいだけなのだが・・

知らないのだから考えても無駄と即判断。
そこで知るのは・・こいつが知っているという事実のみ、自分で覚えようとしないところがいけなのだろうが(笑
 趣味の内はそれでよかったが・・・今はそれが許されない状況に・・・・(自爆

Posted by: tsugei : 2008年3月 8日 11:08
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。