2007年12月 1日

6AU8Aシングルステレオ(試聴編)

一服して落ち着いてから、真空管を差さずに電源を投入する。
幸い、煙はでない(^^;

真空管を飛ばしては替えがないので、まずはヒータ電圧を測定。
問題ない。

スピーカ端子に変な電圧が...出てない(^^)。

おもむろに球を差し込み、電源を入れてみる。
ヒータがほんのり光りだす。

もう一度スピーカ端子の電圧や、真空管周辺の電圧を計って異常がないことを確かめて入出力を繋いでみる。
R0019598-M.JPG18:48

おぉ!ケーン!

思ったよりしっかりした音、しっかりした音量。

最初の試聴はこれ↓。

お〜、かっちょえー。

ドラムのシンバルが気持ちいい。
サックスもトランペットも響くなぁ。
低音もこの小さな球とOTPとは思えない。

#さすがに、ズンズン響く感じではないです。

ちなみに、SACDプレーヤとスピーカはこれ↓。


#正確には、初代Control1のウーハだけを2代目のに交換したものだけど。

貧乏人でも何とか買えるJRX115で聴いてみたいなぁ。

ちなみに今も聴いているけど、しっかり音をだしてくれてます。
夜なら、ボリューム位置は10時の方向で十分だ。

R0019600-M.JPG18:49
R0019602-M.JPG18:49
R0019604-M.JPG18:49
R0019611-M.JPG18:52

投稿者 his : 2007年12月 1日 23:18
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/67066
コメント

お疲れ様でした。さすが柴田(ひ)教授、
全執刀時間7時間40分お見事です。
私は術前検査(穴あけ)に2時間、オペに7時間掛かりました。
しかも動脈つなぎ間違えてあわや術中死寸前・・・
なんとか教授のアドバイスで助かりましたが、まだまだ助手にもなれそうにありません。

ところで、入力端子を前面につけた理由とボリューム本体からのアースはどのようにしたのか教えてください。

P.S.今、なぜか6AU8Aアンプで永ちゃん聞いてます。
これはPCL82の方がいいかな。
あと6AW8A(東芝製だけど)はどうします?
6CX8はボロをつかまされまして、聞いているとブチブチ音がします。

Posted by: ken : 2007年12月 1日 23:51

ken師老!

>私は術前検査(穴あけ)に2時間、オペに7時間掛かりました。

今回の穴開けは、電気メス(ドリル)使ったので、ちょっと速かったです。
リーマ作業がなければ、もっと短縮出来そうですが、ステップドリルが高くて買えません(^^;

>しかも動脈つなぎ間違えてあわや術中死寸前・・・

やはり、念には念を。

>なんとか教授のアドバイスで助かりましたが、まだまだ助手にもなれそうにありません。

いやいや、オペ数ならほぼ同格かと。

>ところで、入力端子を前面につけた理由と

入力を前につけたのは、
・うちのアンプは全部そうしている。
・iPodなどからの繋ぎが便利。
・入力が後だと、シャーシ内の引き回しが長くなる。
などからです。

>ボリューム本体からのアースはどのようにしたのか教えてください。

今のところ、ボリューム本体にはアースを繋いでいません。
スピーカで聴く限り、ノイズは感じられません。

>P.S.今、なぜか6AU8Aアンプで永ちゃん聞いてます。
>これはPCL82の方がいいかな。

音源とアンプ・スピーカの相性はどうしてもありそうですね。

>あと6AW8A(東芝製だけど)はどうします?

そのうち頂戴に参りますm(_|_)m

>6CX8はボロをつかまされまして、聞いているとブチブチ音がします。

温まると良くなる...事もない?
返品OKの方もいますけど。
私は「ノイズ出る」とメールしたら、わざわざ別の球を送ってくれた方に出会いました。
#そういう人は、マレかな?(^^;

Posted by: his : 2007年12月 2日 00:11

his様

なかなか良い感じですねぇ。6AU8Aパーツセット

私のパンダバージョン(穴あけ間違え+アルコール摂取で作成)@無茶しすぎ製作例とは、違って良い感じですね。

オリジナル通りに組み立てる予定でしたが、シャーシ穴あけを大ミスして、自分のスイッチが入ってしまいました。>パンダバージョン

6AU8Aアンプですが、エージング+調整中ですが、しんみり小音量で聞くアンプのようです。(ボリューム15時以降ですと明らかに歪むのですが…CDプレーヤ直結にて)

 高解像+小さいトランスからは信じられない低音ですが、スピーカーと、音源をえり好みする傾向はあると思います。
 試しに、ALI PROJECT(黒アリの方)とか、ELP(プログレ)を喰わせてみましたが、どうも私のALTEC 204-8Aとは相性が悪いようです。

Posted by: 塩で揉む : 2007年12月 3日 10:21

完成オメ!
ご無沙汰してます。
真空管アンプをまともに設計できる最後の世代です。
こんなことをやっていたとは実はかなり前から知っておりました。
製作を結構楽しみにしております。
私も定年になったので昔の趣味を復活させようと金がかからなくて
技術力で勝負できるヘッドホンアンプ作りを始めています。
これって亀レスですけど読んでもらえますか?

Posted by: yama : 2008年1月23日 15:58

yamaさま:

> 私も定年になったので昔の趣味を復活させようと金がかからなくて
>技術力で勝負できるヘッドホンアンプ作りを始めています。

ヘッドフォンアンプは、ノイズにもシビアですし、
スピーカと違って安いヘッドフォンでもかなり
アンプの良し悪しの聞き分けが可能ですもんねぇ。

> これって亀レスですけど読んでもらえますか?

はい。
またコメントください(^^)

Posted by: his : 2008年1月23日 23:41
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。