2007年9月30日

Xacti修理へ

過去2回の海外逃亡(?)にも同行して大活躍のXacti DMX-CA6。

まだ購入して1年足らずで開閉式の液晶の表示がおかしくなった。
垂直同期が合わないような表示になり、肝心の撮影タイミングで撮影できない。

3ヶ月ほど前から調子が悪いのだが、何度が液晶を開閉しているうちに
きちんと表示されることもあり、だましだまし使っていた。

しかし最近はいろいろやってもなかなかきちんと表示されず、
海外逃亡中も何度かシャッターチャンスを逃していた。

#サクッと静止画・動画が撮影できるだけに、
#このトラブルは辛い。
#ソニータイマーより始末が悪い?(^^;

あきらめて修理に出すことにしたが、購入元のAmazonに問い合わせるも、
「修理は行っていません」の冷たい返事。

製造元のSanyoに問い合わせると、「着払で送って」とのやさしい返事(^^)。

後で送ろう。

ちなみに、いつのまにか後継機(?)も出ているようだ。

生活防水から、防水に進化しているようだな。
マイクの感度も良くなっているといいんだけどなぁ。

#いかんいかん。ぽちっとしてしまいそうになった(^^;

投稿者 his : 2007年9月30日 11:12
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/64679
コメント

新型(CA65)は三脚にも対応しているようだ。

CA6は三脚使えなくて辛かったんだよなぁ>長時間録画。

Posted by: his : 2007年9月30日 12:07

修理、上がってきました。
早かった。

完璧に直ってます(^^)。

Posted by: his : 2007年10月 3日 19:10
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。