2007年8月19日

GND問題(その2)

まだいじってる(^^;

6月に発生した(?)GND問題と、その後の課題

実験した結果、残っていた課題の答えが見付かった。

>>・ヒータ電源のGNDは、アンプ本体のどこと繋ぐべきなのか?
>> (いまは接続していない。ケースのGNDか?)
>
>これはまだ、そのまま。
>プレートからもカソードからも不明な電位のまま。

この状態で6SJ7 - 6V6GT Single Amp. Part2 Ver.1にヘッドフォンを繋いで聴くと、ハムノイズが結構大きかった。

外部からは直流しか入れていないのに。

また、このハムノイズは、単純な60Hzでもなく、単純な120Hzでもない。
いくつかのノイズが混じっている感じ。
その上、左側から「ピュゥ〜〜ン」という発振らしき変な音も聞こえていた(^^;

そこで、外部ヒータ電源のGNDと本体のGNDを繋いでみた。

すると、該当ハムノイズはピタッと止まった。発振音らしきものも治まった(^^)。

6SJ7 Triode - 5V6GT Triode Single Amp. Ver.6の方も、同じくGND間を接続すると、ノイズレベルが下がった(^^)。

但し、まだ入力オープン時のノイズは若干残っている。

シャーシを触るとノイズレベルが変わる。
ボリュームに触っても、ノイズレベルが変わる。

ボリュームケースをGNDに繋いでないのが悪いのかなぁ。
また実験してみよ。

ちなみに、ボリュームを回すと「カサカサ」音がする。
新品のボリュームなので、ガリオームになるにはまだ早いのだけど
まだ発振しているのかなぁ。

教えて偉い人m(_|_)m

#あぁ、オシロが欲しい(^^;

投稿者 his : 2007年8月19日 03:28
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/63107
6SJ7 Triode - 5V6GT Triode Single Amp. Ver.7
概要 6SJ7 Triode - 5V6GT Triode Single Amp.の方...
ウェブログ: shibata(hi) shokudou
時刻: 2007年8月19日 17:24
コメント

昨年、山口県の大河内温泉・平田旅館に宿泊した際に、
ご主人のオーディオルームを貸していただきました。
hisさんのお部屋はもしやこれ以上?
http://www.d5.dion.ne.jp/~hsilver/odio.htm

真空管は核にも強い、なんて話もされちゃいました(^^)

Posted by: まゆみ : 2007年8月19日 14:32

直流成分が残っているとカサカサ音がしました。直流遮断用コンデンサーの容量を大きくするか、VRの入力直前にコンデンサーを入れると消えた経験ありです。

Posted by: Hattori : 2007年8月19日 16:21

まゆみさま:

> hisさんのお部屋はもしやこれ以上?

とんでもない。月とすっぽんです。
こちらはまだ実験・試作段階です。

第一、自分の部屋というものが無いし。σ(^^;

Posted by: his : 2007年8月19日 22:30

Hattoriさま:

>直流成分が残っているとカサカサ音がしました。
> 直流遮断用コンデンサーの容量を大きくするか、
> VRの入力直前にコンデンサーを入れると
> 消えた経験ありです。

むー、回路上は入力段にコンデンサいれてないです。
それと、入力オープンでもカサカサ言うんです。

250kΩと言う値が大きすぎて、SGがGNDに引っ張り
きれていない?...のだと、つじつまが合わないなぁ。

むー。

Posted by: his : 2007年8月19日 22:37
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。