2007年6月30日

5V6GT singleの内部

やっつけ配線できたないけど、さらしておきます。

R0018946-M.JPG
今後、配線ルート見直しだけでなく、回路も変更の可能性あり。
#少なくとも、いくつかスイッチは付くでしょう(^^;

入力から初段のところ↓。
R0018948-s.JPG

B電源部↓。
R0018949-s.JPG

右チャネル↓。
R0018950-s.JPG

左チャネル↓。
R0018951-s.JPG

斜め前方から↓。
R0018952-M.JPG

斜め後方から↓。
R0018955-M.JPG

ちなみに、初段を6AG7にした時に、各部の電圧を計ってみた。
R0018978-s.JPG

もう少し、5V6GTのプレート電圧を下げた方が良いかなぁ。

投稿者 his : 2007年6月30日 20:31
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/60900
5V6GT singleの回路図
概要 5V6GT singleの内部も晒したので、回路図も。 クリックすると、大きいサ...
ウェブログ: shibata(hi) shokudou
時刻: 2007年7月 2日 21:50
コメント

ちなみに、現状はかなり音質が悪い。歪んでいると思う。

20Hz〜20kHzのスイープ信号などを再生するといろんな音が聞こえる(^^;

特に気になっているのが初段6SJ7の3結時のプレート負荷抵抗。
今のところ、暫定で51kΩにしているけど、低すぎるのか高すぎるのか分からない。

ロードラインを引いてみると、もう少し小さな値の方が直線性があるような感じなんだけど、世の中の実装例をみると100kΩぐらいが多いみたい。

B電圧の見直し含めて、検討が必要か。

またNFBも掛けてみて、どうなるか聞いてみたい。

Posted by: his : 2007年7月 1日 10:57
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。