2007年6月30日

5AQ5 - 5V6GT Converter

休日出勤してちょっと仕事して、熱があがって帰ってきた。
そういうときは、家でのんびりハンダ付けに限る(。。)\バキッ☆

5V6GT single(その5)にMT管を載せるべく、MT-7pinとUS-8pinの変換ソケットを作ってみた。

MTソケットとUSプラグのどちらに先に線を付けるか悩んだけど、
まずはUS側に付けてみた。
R0018956-s.JPG

次に、USプラグ側のキャップを取り付け。
R0018960-s.JPG
キャップはあらかじめ線が入るところを削って広げている。
#このキャップに通すためにUS側に先に線を付けたのである。

R0018962-s.JPG
その上にMT-7pinのソケットをハンダ付け。
各リード線長は40mmにしているため、短くてとても取り付けにくかったが
なんとかなったようだ。

早速、5V6GT single(その5)に変換ソケットを取り付け、手持ちのRCA 5AQ5を取り付けてみた。
R0018966-M.JPG

R0018967-M.JPG

R0018969-s.JPG
R0018972-s.JPG

設計図(というか、結線図)はこれ(^^;。
R0018976-s.JPG

熱が下がって、気が向いたら、変換ソケットをエポキシ接着剤で固めようかな。
それとも、シリコンシーラントの方がいいかな?

#切替えスイッチは無しの方向で(^^;

それと、MT-9pinの変換ソケットも作りたいなぁ。
6BQ5/10BQ5を持っているので、試してみたい(^^;

投稿者 his : 2007年6月30日 19:49
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/60899
5BQ5 - 5V6GT Converter
概要 こちらの方は、台風の被害もあまりなく、5AQ5 - 5V6GT Converte...
ウェブログ: shibata(hi) shokudou
時刻: 2007年7月15日 11:56
コメント

こんばんは

これ、いいですね〜。
私の持っているTU-879では6AQ5系が定格オーバーしてしまうので、MT管では6BQ5ならなんとか頑張ってくれるかなぁ。
TU-879で実現するとなると6L6相当でないと耐えられないので…
6146B(GT管)を6L6のピン配置に変換(SG電圧を低く)する変換コネクタは作ったのですが、それを今度三極管接続にしてみようと思っています。
やりたいこと、いっぱいあるのですが、遊びにばかり行ってしまっていて、もうすこし腰を据えてやってみよう。

Posted by: kleiber : 2007年7月 1日 00:07
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。