2007年6月26日

5V6GT single(その5)

5V6GT single(その4)でやり残したGND問題の一部を対策した。

>・ヒータ電源のGNDは、アンプ本体のどこと繋ぐべきなのか?
> (いまは接続していない。ケースのGNDか?)

これはまだ、そのまま。
プレートからもカソードからも不明な電位のまま。

>・ケースとB電源GNDは1点で接続すべきか?
> (いまはケースとは何も接続していない。)

B電源のGNDとケース中央付近を1点で接続した。

>・B電源トランスの静電シールドはどこと繋ぐべきか?
> (いまはケースとは何も接続していない)

トランスを搭載しているネジのところでケースシャーシに接続。

>・メタル管のシールドは、どこと繋ぐべきなのか?
> (いまはケースとは何も接続していない)

B電源のGNDとアース母線経由で接続した。

>GNDをきちんと接続していないこともあり、入力オープン時のハム音は盛大です。

入力オープンでもハム音は聞こえないレベルになった(^^)。
ちなみに、ボリュームは付けていないため、最大ボリューム位置相当での話。


小さなフルレンジでしんみりと女性ヴォーカル中心のJazzを聞くにはいい感じだと思う。

特性を測定してみたい気がするけど、オシロも無いしなぁ。

投稿者 his : 2007年6月26日 23:56
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/60740
5AQ5 - 5V6GT Converter
概要 休日出勤してちょっと仕事して、熱があがって帰ってきた。 そういうときは、家でのん...
ウェブログ: shibata(hi) shokudou
時刻: 2007年6月30日 20:06
GND問題(その2)
概要 まだいじってる(^^; 6月に発生した(?)GND問題と、その後の課題。 実験し...
ウェブログ: shibata(hi) shokudou
時刻: 2007年8月19日 03:43
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。