2007年6月23日

5V6GT single(その2)

5V6GT Singleアンプの方も、5V6GT single(その1)以来久々に若干変更。

3結(Triode Connection)で動作させているのだが、カソードバイアス抵抗をちょっと変えてみた。

もともと、5W 270Ωを取り付けていたのだけど、6V6GT.pdfと言うファイルを発見し、3結シングルの場合は400〜500Ωが良さそうということで、手持ちの3W 470Ωに変更した。

それと、熱くてどうしようもなかった電源トランス周りにも手を入れた。
まず、2次側の220Vのタップから取り出していたB電源を200Vタップに変更。
変更前の220Vタップから取り出していたときのプレート-GND間電圧が267Vぐらいだったから、変更後はほぼ250Vぐらいになったかな。

#まだ計っていない(^^;

それと、自前で取り付けていたシールドリングを取り外した。
R0018886-s.JPG

すけべ心を出して、少しでも見栄えを良くしようとシールドリングを巻線のすぐ外側(つまりEI鉄芯の内側)に巻いていたのだが、どうにもシールドリングから発熱しているような気がしていた。
このシールドリングを取り外したところ、上記の200Vタップ取り出しとあいまってか、電源トランスは「ほんのり温かい程度」まで落ち着いた(^^;
いやはや、生兵法は怪我のもと。

リングを外してもノイズが聞こえないので、当分このまま行く予定。

投稿者 his : 2007年6月23日 16:29
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/60618
19AQ5+5V6 Single+外部電源合体
概要 これがやりたくて、ずーっと遠回りしていたようなもの(^^; ヘッドフォンアンプ改...
ウェブログ: shibata(hi) shokudou
時刻: 2007年6月23日 17:05
5V6GT single(その3)
概要 5V6GT single(その2)でB電源が安心して供給できることが分かり、初段...
ウェブログ: shibata(hi) shokudou
時刻: 2007年6月24日 21:02
コメント

ちなみに、シールドリングをコアの内側に巻いてはならない理由は、考えてみればいたって当り前。

トランスからすると、一巻の2次巻線が一つ増えたのと同じことになる。
よって、シールドリング(もどき)には数Vの電圧が発生して電流が流れまくり、発熱するということ。

本当に、考えれば当り前なんだけど、馬鹿だなぁσ(^^;

Posted by: his : 2007年6月23日 20:37

その後、タップも220Vに戻したけど発熱は「ほんのり暖かい程度」のままだった。

これで安心して(?)、初段の作りこみに入れる(^^;

Posted by: his : 2007年6月24日 02:37
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。