2007年5月20日

FM ヘンテナ

自宅のPC周辺に置いたRadio Shark2では、FM Fukuokaの入りが良くない。
CROSS FMは、福岡タワーからの配信のおかげか、
#ほとんどノイズが無いんだけど。

ヘッドフォンジャック兼アンテナジャックに、付属の外部アンテナ(とは名ばかりの線)を取り付けても、今一つ。

さらに、その外部アンテナ線に、以前使っていたT字型アンテナを接続してみた。
もちろん、良くはなっているんだけど、完全にノイズをとるには至らなかった。

FM用の八木アンテナでも買うかと、いろいろ調べたのだけど、ふと発見したヘンテナ/Hentennaのページ。
そういえば、大昔に430MHzのヘンテナを作ったことがあったなぁ...と思い出した。

早速、近所のホームセンターへ。
購入したものは、


  • SPF材(180cmの材木) 1本:217円
  • アルミパイプ(Φ7mm x 1m) 2本: 440円
  • 通信線(電話用の細い単線の2線) 3m: 114円
  • 300Ω平行線フィーダ 10m: 482円

ぐらい。
その他、ネジ/ハンダなど手持ちのもの。

ヘンテナの話(1)を参考に、80.7MHzをめがけて、横約60cm x 縦約180cmのサイズとして2時間ぐらいで適当に作ってベランダに立てかけた。

#本当は、長さ200cmのSPF材を買って来たつもりだったのだけど、
#実際は180cmで、ひきずる形に(^^;

R0018784-s.JPG
ぱっと見では、ただの材木の上にアルミパイプがT型に置いているだけにしか見えない。

これをRadio Shark2に接続した。
#ヘンテナを置いているところと、Radio Shark2があるところまで、
#直線だと5mぐらいなんだけど、引きまわして10mのフィーダを使いきった。

Radio Shark2のどこにアンテナを接続するか...だけど、結局分解して接続ポイントを探した。

R0018765-s.JPG
Philipsのラジオ用チップ(TEA5777HL)から伸びているパターンに、内部FMアンテナ(銅線)が接続されているが、片方しかつながっていない。

ここだろうということでデータシートを探したところ、TEA5777 Leafletを発見して、確認がとれた。
TEA5777HL-antenna.png
#Shark2はこのリーフレットに描かれている回路とほぼ同じようだ。

基板上のアンテナ用パッドにTPケーブルの切れ端をハンダ付けして外部に引出し、ヘンテナと接続。

いやー、快適。FM Fukuokaノイズ無し(^^)

ps.
ヘンテナが効いているのか、ただ単に外にアンテナを出したのが効いたのかは不明(^^;

投稿者 his : 2007年5月20日 16:07
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/59022
Radio Shark2分解写真
概要 FM ヘンテナにも1枚写真を載せたけど、そのほかにも写真を撮っているので、こちら...
ウェブログ: shibata(hi) shokudou
時刻: 2007年5月20日 20:59
初歩のラジオ1980/3
概要 実家で発見。 掲載記事がすごくいい! 当時、見向きもしなかった内容に心惹かれてい...
ウェブログ: shibata(hi) shokudou
時刻: 2007年7月 9日 01:21
コメント

> ヘンテナが効いているのか、ただ単に外にアンテナを出したのが効いたのかは不明(^^;

昨晩、うちに帰ってFMを聞いてみると、ノイズが乗っていた。
ベランダのヘンテナを見ると、傾いていた。
#まだ固定していないもので。
まっすぐに立てなおすとノイズが消えた。

ということで、はからずもヘンテナの有用性が証明されました(^^;

Posted by: his : 2007年5月25日 10:29
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。