2007年4月26日

定本 トランジスタ回路の設計

ところどころ飛ばしながらもかなり速いペースで読了。

評判通り良い本だと思う。

ディスクリート部品(トランジスタ)の動作を検証しながら回路を成長させていき、
最後はオペアンプまで作るという内容。
最終的にできたオペアンプはかなりの性能になっているようだ。

今までさっぱり分からなかった増幅回路のトランジスタ周辺の抵抗やコンデンサの意味が次第に分かるところがワクワクする(^^;

ホビーユーザが週末にアンプなどを作る場合には「オペアンプの方が良さそう」と思っていたけど、本書を読むと「ディスクリートも捨てたものではない」と思える。

調子に乗って続編も購入してしまった。

#「シュミレーション」と言う記述は早めに書き直してほしいところ(^^;

投稿者 his : 2007年4月26日 00:55
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/57867
商用電源トランスを使った回路のシミュレーションをしてみたいんですが
概要 463 774ワット発電中さん sage 2008/02/19(火) 22:27:07 ID:qDTa5RRK商用電源トランスを使った回路のシミュレーショ...
ウェブログ: ものヲつくる/別館
時刻: 2008年5月 4日 23:12
コメント

鼻炎は治りましたか?
GWなのにもったいない。
ところでこの本って私のようなトウシロでも理解可能なんでしょうか?

Posted by: ken : 2007年4月27日 23:21

kenさん:

ども。

> 鼻炎は治りましたか?
ひどくなってます(T_T)

> GWなのにもったいない。
いやまったく。

> ところでこの本って私のようなトウシロでも理解可能なんでしょうか?
理解は出来ると思うけど、理解した後で何をするかの目的があるかどうかで、読む価値があるかどうかが決まるかと。

Posted by: his : 2007年4月28日 00:42
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。