2007年3月26日

ヘッドフォンアンプ改造(11)

ヘッドフォンアンプ改造(10)に引き続き、(本体側は)地味目の改造をば。

R0018284-s.JPG
左上の真空管ヒータ電圧切替えスイッチと右上のB電源の電圧切替えスイッチは変更無し。
左下からAC入力とヒューズホルダーも変わっていない。

その右にあやしい入力ジャックを追加(^^;
真空管のヒータ電源を外部からとれるように改造した。
ジャックに何も差し込まないと、上部の内蔵電源トランスから給電される。
内蔵電源トランスからの給電電圧は左上のスイッチで示したとおり。
本体側はこれたけ。いたってシンプルな改造。

しかし、外部給電側は大変だった(^^;

電源トランスは、嘉穂パーツで購入したS.E.LのSP-123。
R0018253-s.JPG
当初は19AQ5も含めて安定化後のDC給電一本槍と考え、SP-242にするつもりでした。
しかし、外部からAC給電も考えると、これがいいなと考えてSP-123に予定変更。
#SP-123の方が、ちょっと安いのと、AC10Vが取れると言うのもあり。

その他のパーツは、お買い得品コーナ主体で安く(^^;
R0018260-s.JPG
上記の中で使ったのは真ん中の1KΩBタイプボリュームのみ。
R0018268-s.JPG
50V4700μFの電解コンは1本のみ使用。もう1本は予備。

ケースはその昔に作ったアンプのケースにしていたものを分解して転用。
その他、秋月電子で購入した可変安定化電源キットやロータリースイッチ、電圧計、電流計などでこういうもの↓が。
R0018271-s.JPG
↑前面。メータの穴開けが一番面倒だった。
右は電圧レンジを大きく変えるロータリースイッチ。
真ん中は電圧微調整用のボリューム。
左側はトランスの1次側に入れている電源スイッチ。

R0018275-s.JPG
↑左。
R0018276-s.JPG
↑右。
ケースを転用したので、昔開けた穴がそのまま残っている(^^;

R0018280-s.JPG
↑後面。真ん中のでかい穴も昔開けたものをそのまま流用。

R0018281-s.JPG
出力は端子板から取り出し。
上だとトランスの2次側からそのまま直結で交流出力。
#ヒューズぐらいは噛ました方がいいな。

下だと、内部の安定化電源経由の直流出力。
#こちらもヒューズ無し(^^;

通電時は、養生用テープで端子板を覆って、不意のショート防止しています。

安定化電源キットはこれ↓。
http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?c=powerkit&s=popularity&p=1&r=1&page=#K-00096

内部は適当〜。

R0018290-s.JPG
R0018293-s.JPG

これで、5Vの球も、6.3Vの球も、12.6Vの球も、10Vの球も大丈夫だ(^^)。

R0018295-s.JPG
上記はKleiberさんに頂いた6AN5WにDC給電しているときの写真。0.9Aぐらい流れているようだ。
今のところは放熱がいい加減で、かなり熱くなるので、もう少し工夫しなければならないかな。

尚、本ヘッドフォンアンプのヒータ電圧の単なる切替えだけなら、
ここまでやるのは馬鹿だと思う(^^;
#でも、別途野望があるので、よしとしてね。

投稿者 his : 2007年3月26日 00:08
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/56127
たかが直列/並列切替えだが
概要 頭が固くて、なかなかシンプルな回路にならない。 先ず愚直な回路を考えた。 #Li...
ウェブログ: shibata(hi) shokudou
時刻: 2007年4月 8日 02:04
ヘッドフォンアンプ改造(12)
概要 ヘッドフォンアンプ改造(11)に引き続き、またもや改造。 ヘッドフォンアンプ改造...
ウェブログ: shibata(hi) shokudou
時刻: 2007年4月 8日 18:30
新球
概要 芋ハンダ大作戦 選べない真空管の最後に紹介されている球が届いた。 足が錆気味だ...
ウェブログ: shibata(hi) shokudou
時刻: 2007年4月22日 09:10
ヘッドフォンアンプ改造(15)
概要 ヘッドフォンアンプの3枚おろしを行ったシャーシに対して改造を行った。 ヘッドフォ...
ウェブログ: shibata(hi) shokudou
時刻: 2007年5月 2日 05:21
5V6GT single(その1)
概要 ほとんど19AQ5 HeadPhone amp.と同じ回路で、5V6GT(6V6...
ウェブログ: shibata(hi) shokudou
時刻: 2007年6月 3日 22:56
19AQ5+5V6 Single+外部電源合体
概要 これがやりたくて、ずーっと遠回りしていたようなもの(^^; ヘッドフォンアンプ改...
ウェブログ: shibata(hi) shokudou
時刻: 2007年6月23日 17:05
6SJ7 - 5V6GT Single Amp. Part2 改め、6SJ7 - 6V6GT Single Amp. Part2 Ver.1
概要 6SJ7 - 5V6GT Single Amp. Part2 Ver.0として作...
ウェブログ: shibata(hi) shokudou
時刻: 2007年8月19日 02:07
コメント

あのプロジェクトがとうとう動き出したんですね。おめでとうございます。

DC給電だと音はどのような感じでしょうか。

>ここまでやるのは馬鹿だと思う(^^;
LEDを上に出したときは『じ、実験器具じゃないか』と思い正直引きましたが、
気が付いたら私も触発されて似たような、いやもっとひどい事になっていたりします。
最近のBLOGに本体が滅多に登場しないのはその為です。(苦笑)
#でも、別途野望があるので、よしとしてね。
楽しみにおまちしております。

Posted by: aranp3 : 2007年3月27日 12:02

aranp3さん:
> あのプロジェクトがとうとう動き出したんですね。おめでとうございます。

(^^;
> DC給電だと音はどのような感じでしょうか。

私のタコ耳だと、違いが余り分かりません(^^;
ヒータがACの同一電圧の時よりも、明るい気がします。
#平均電圧ベースで比較したら、当り前かも。

> >ここまでやるのは馬鹿だと思う(^^;
> LEDを上に出したときは『じ、実験器具じゃないか』と思い正直引きましたが、

わはは。

> 気が付いたら私も触発されて似たような、いやもっとひどい事になっていたりします。

ぐははは(^^;

> 最近のBLOGに本体が滅多に登場しないのはその為です。(苦笑)

見せてー。

> #でも、別途野望があるので、よしとしてね。
>楽しみにおまちしております。

外部電源の上に置いてある10V球がヒント(^^;
泥沼です(^^;;

Posted by: his : 2007年3月28日 01:54

いやぁ〜、別給電スタートですね。なかなか素晴らしいできではないですか。
ヒータの直流給電は、私もnewPCL86シングルアンプで実験をしていますが、私の駄耳ではわからないのですが、ヒータの物理的なことに対してはGoodな点もあるようです。交流点火だと一気にヒータに電圧がかかりますが、直流化した電源からでしたら一気ではなく少しの時間かかって定電圧になりますから、ヒータに優しいそうです。

これ、他のアンプなどにも転用できますね。

Posted by: kleiber : 2007年3月28日 19:29

kleiberさん:
> いやぁ〜、別給電スタートですね。なかなか素晴らしいできではないですか。

思ったより、時間がかかりました。
最初はトランスを24Vにして、19AQ5も...と思ったのですが、内蔵トランスとの切替えを行えば良いので、12V以下をターゲットにしました。

> ヒータの直流給電は、私もnewPCL86シングルアンプで実験をしていますが、私の駄耳ではわからないのです

私も分かりません(^^;

> が、ヒータの物理的なことに対しては Goodな点もあるようです。交流点火だと一気にヒータに電圧がかかりますが、直流化した電源からでしたら一気ではなく少しの時間かかって定電圧になりますから、ヒータに優しいそうです。

はい。通電時はジワッとヒータ電圧を上げながら、優しく温めています(^^;

> これ、他のアンプなどにも転用できますね。

はい。実は他のアンプ用に作ったのでした。
#それが、別の野望(^^;;

Posted by: his : 2007年4月 2日 00:08
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。