2007年3月15日

Juliusを利用した、音声インタフェースを持つWebアプリケーション

w3voice Laboratory @ Wakayama University
[julius-u:00211] 音声Webアプリケーションの試験公開

ほぅ。面白い応用が出てきましたね。
キャラクタ、画像とくれば次は音声だと思う。

画像と違って、音声は聞き流しとか「〜ながら」が出来るので、なかなか良いと思うんですよ。

#ラジオが生き残る道もここにあるかと。

投稿者 his : 2007年3月15日 00:37
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/55602
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。