2007年3月14日

Pioneer DV-696AV


上記から手繰れるAmazonでのDV-696AVの説明に「高音質再生を実現する192kHz/24bit高性能6chDAC搭載。」とあったので、本当かどうか分解して見てみた(^^;。

真ん中のDVDドライブを挟んで大きくふたつの基板があった。

こちら↓はデジタル音声をやりとりするインタフェースが付いた方。
R0018118-s.JPG

もうひとつの方↓に目指すものがありそう。

R0018119-s.JPG

上方のRCAピンジャックと電解コンデンサが並んでいるものの間にありそう。

R0018110-s.JPG
これ↑は違う。

R0018109-s.JPG
これ↑だ。
(PCM1742KE/2K, 24-Bit, 192kHz Sampling Enhanced Multilevel, Delta-Sigma, Audio DIGITAL-TO-ANALOG CONVERTER, Burr-Brown Corporation)

本当に入っていた(^^;

ちなみに、出力段のオペアンプはこれ↓だ。
R0018113-s.JPG
[PDF]RC4580 (Rev. C)

OPAMPとコンデンサ周りを換えたらもっと音が良くなるかなぁ(^^;
今でも十分な気がするけど。

投稿者 his : 2007年3月14日 22:30
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/55520
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。