2007年2月15日

ヘッドフォンアンプ改造(6)

ヘッドフォンアンプ改造(1)でトランスの交換を行った後は、ヘッドフォンアンプ改造(5)まで見栄えとLEDの変更ばかりだったが、ようやく内部の改造も始めてみた。

まずは出力トランスの抵抗値の変更。
オリジナルは100Ωをトランスとパラにいれているが、改造ノートでは30Ωに変更されている。
カホパーツセンタには、2W33Ωの酸化金属皮膜抵抗しかなかったので、とりあえずそれにしてみた。

そのほかにも、将来のプレート電圧変更を見越して(?)、ブリッジダイオードを600V品に。
#オリジナルが400Vなので、変更しなくても良いんだろうけど(^^;

電解コンデンサ同士はホットボンドでお互いに留めている。(これは当初から)

また、出力トランスからヘッドフォンソケットまでの配線材を、オリジナルの撚線から、アース母線にも使っている太い(1.6mm)錫メッキ単線に変更してみた。



アース側はオリジナルパーツセットのAC100Vの線材のまま。

いろいろやっていて、どれが効いたのかよくわからないけど(^^;、
低音から中音の迫力が増した感じかなぁ。

今聞いているのはこの↓プレーヤに、

このSACD↓をかけて

このヘッドフォン↓で、

ボリューム10時ぐらいで聴いております。

Brassのインパクトが結構あって、ベースもかなりいい感じです。
もちろんボーカルも。
高音のStringsの透明感がもう少し欲しい気がするけど、これはヘッドホンの限界かなぁ?

#きりがないなぁ(^^;

他のケーブルも順次交換を試してみる予定...天国への階段か...。

投稿者 his : 2007年2月15日 02:44
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/54268
フュージョン パラダイス〜オレンジ セレクション
概要 先日、悪友と地鳥を食べながら昔の音楽談義になったときに、 「松岡直也のMI A...
ウェブログ: shibata(hi) shokudou
時刻: 2007年2月18日 17:18
ヘッドフォンアンプ改造(7)
概要 ヘッドフォンアンプ改造(6)で、電源の改造は一段落と思ったけど、さらにやってみた...
ウェブログ: shibata(hi) shokudou
時刻: 2007年2月21日 23:18
コメント

「登り切れない・・・」と頭に付くのではないでしょうか(笑

ケーブルが10本も有った日には、2ヶ月は遊べます(笑

Posted by: tsugei : 2007年2月15日 10:18
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。