2007年2月11日

ヘッドフォンアンプ改造(2)

電源トランスを強化した改造ヘッドフォンアンプ改造(1)を行ったけど、それほど低音の不足感が消えなかったので、オレンジのLEDを別のものに変更してみることにした。

青色LEDの評判が良さそうなので、まずは試してみようと考えた。
しかし、ただ単に付け変えるだけだと、音の記憶力が貧弱な私には、違いが分からないかと考え、ソケット方式でLEDの差し替えが可能なものにしてみた。

シャーシ内部のLEDを固定しているラグ板を表に出して、その上に2.54mmピッチの丸ピンの一列ICソケットをハンダ付けしてみた。

#老眼には辛い作業(^^;

青色LEDはカホパーツセンタで購入した5個で210円の小ぶりのもの。



足を短く切り、左右で向きを間違えないように差し込む。

アース側はAC100Vのケーブルを、真空管側はこれまたCAT5Eのケーブルを。
#アンバランスで良くないかなぁ。
#両方CAT5Eにして、ねじるかなぁ。

電源をいれてみると、かなり明るい。




シャーシ内は、LED取り付けラグ板がなくなった分、ちょっとすっきり。

低音がちょっと元気になった。
元の緑色LEDの時との違いは...覚えていないので良く分からない(^^;

しかし、シャーシの表に出しているせいか、ハム音を感じるようになった。
#この改造以前は、ハム音を全く感じなかった。

中に戻すかなぁ。

投稿者 his : 2007年2月11日 04:44
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/54098
ヘッドフォンアンプ改造(3)
概要 ヘッドフォンアンプ改造(2)は、実験としてLED2個だけソケットに差せるようなも...
ウェブログ: shibata(hi) shokudou
時刻: 2007年2月11日 05:24
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。