2006年12月20日

LinkStationをnfsサーバにしたときの挙動

カーネルが2.4の時にnfsサーバとして使う際には、mountオプションとして
-o rsize=1024,wsize=1024
などの設定を行わないと、rsyncなどで大量にnfs経由で書き込む際に突き刺さる場合があった。

カーネルを2.6.18にした後には
-o rsize=4096,wsize=4096
でもすんなりいくようになった。

カーネルのバージョンと関連があるかどうか不明だけど、いちおうメモ。

投稿者 his : 2006年12月20日 01:14
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/51464
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。