2004年3月 6日

HD-HGLANの話(4) パーティション変更

USB接続のHDD外付け箱に繋いでfdiskを実行。
LinkStationに戻した後はsd[1-4]はhd[1-4]になる。
sd4はいじらず。また、パーティションタイプは変更せず、サイズだけ変更。
もちろん、変更前にパーティション毎のバックアップをtarで取る。

変更前

Disk /dev/sda: 255 heads, 63 sectors, 19457 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 bytes

   Device Boot    Start       End    Blocks   Id  System
/dev/sda1             1        48    385528+  83  Linux
/dev/sda2            49       114    530145   82  Linux swap
/dev/sda3           115     19449 155300356   83  Linux
/dev/sda4         19449     19457     72291+  83  Linux
変更後
Disk /dev/sda: 255 heads, 63 sectors, 19457 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 bytes

   Device Boot    Start       End    Blocks   Id  System
/dev/sda1             1     19380 155669818+  83  Linux
/dev/sda2         19381     19440    481950   82  Linux swap
/dev/sda3         19441     19448     64260   83  Linux
/dev/sda4         19449     19457     72291+  83  Linux

fdisk終了後は、
mkswap /dev/sda2
mke2fs -j /dev/sda1
mke2fs -j /dev/sda3
実行し、パーティション変更前にあらかじめ取って置いたパーティション毎のバックアップを書き込む。

2004-03-06追記。
ちなみに動いているときは、こんな感じ

HGLAN160:~$ df
Filesystem           1k-blocks      Used Available Use% Mounted on
/dev/hda1            153226628   4811404 140631736   4% /
/dev/ram0                 9677       130      9047   2% /mnt2/ram
/dev/hda3                62217      4313     54691   8% /mnt

投稿者 his : 2004年3月 6日 01:21
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/51165
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。