2004年3月 1日

HD-HGLANの話(1)HDD関係

外付LANハードディスク“LinkStation”ハイエンドモデル HD-HGLANシリーズに関する話である。
メーカ保証は無くなる話ばかりなので、お読みになる方はその旨ご理解の上ご活用下さい。

手元にあるのは160GBのモデルである。TVをキャプチャしたデータの置き場所と言うことで(^^;大蔵省の稟議はうやむやのまま、購入した。

ファームウエアのバージョンアップ(v1.01→v1.02)だけ実施して、 BUFFALO LinkStation をハックしようを参考に早速分解した。
#写真は後日公開
内蔵HDD(160GB)は予想に反して(?)Samsungであった。
中に入っていたHDDを取り出し、3.5" HDD用USB外箱に繋いで手元のMebiusにUSB経由で繋いでみると、

Feb 29 23:43:20 hong kernel: hub.c: new USB device 00:10.3-3, assigned address 2Feb 29 23:43:20 hong kernel: usb.c: USB device 2 (vend/prod 0x7f7/0x106) is not claimed by any active driver.
Feb 29 23:43:20 hong kernel: Initializing USB Mass Storage driver...
Feb 29 23:43:20 hong kernel: usb.c: registered new driver usb-storage
Feb 29 23:43:20 hong kernel: scsi0 : SCSI emulation for USB Mass Storage devicesFeb 29 23:43:20 hong kernel:   Vendor: SAMSUNG   Model: SV1604N           Rev: SD10
Feb 29 23:43:20 hong kernel:   Type:   Direct-Access                      ANSI SCSI revision: 02
Feb 29 23:43:20 hong kernel: USB Mass Storage support registered.
だそうな。

早速、fdiskしてみると、

root@hong shibata]# fdisk /dev/sda

The number of cylinders for this disk is set to 19457.
There is nothing wrong with that, but this is larger than 1024,
and could in certain setups cause problems with:
1) software that runs at boot time (e.g., old versions of LILO)
2) booting and partitioning software from other OSs
   (e.g., DOS FDISK, OS/2 FDISK)

Command (m for help): p

Disk /dev/sda: 255 heads, 63 sectors, 19457 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 bytes

   Device Boot    Start       End    Blocks   Id  System
/dev/sda1             1        48    385528+  83  Linux
/dev/sda2            49       114    530145   82  Linux swap
/dev/sda3           115     19449 155300356   83  Linux
/dev/sda4         19449     19457     72291+  83  Linux

Command (m for help): q
ということだ。
このHDD用USB外箱は、いわゆるBigDrive未対応だと思ったのだが、fdiskぐらいはいけるのかな。

追記。
やはり外箱がBigDriveにきちんと対応していないのか、mount出来ない(T_T)。
うーん、後一歩なのに。BigDriveに対応したPCを分解してHDDを取り付けるのは面倒だなぁ。別の外箱を買うと、本末転倒と言われそうだしなぁ(^^;

さらに2004-03-05に追記。
結論としては、mount出来ないのはHDD内のfile system Magic numberをいじって、標準ext2/ext3とは変えてあったためと判明。
mountコマンドの中でチェックしてエラーにしているのだと思われる。
http://bonner.s45.xrea.com/にて公開されている マジックナンバー修正ツールで解決する。

投稿者 his : 2004年3月 1日 00:02
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/51162
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。