2006年11月28日

PostgreSQL 事例紹介セミナー 2006

PostgreSQL 事例紹介セミナー 2006
#余談だけど、この↑URLは、新しいイベントがあったときに変わるのね。
#パーマネントリンクできないよ〜。

このプログラムの中で

6:00-16:45
タイトル:山口大学特許検索システムにおける PostgreSQL の有効活用
講演者:山口大学メディア基盤センター 助手 因幡哲男氏
概要:山口大学では、特許公報をもれなく検索する、「山口大学特許検索システム(YUPASS)」を開発・運用しています。120GBを超えるテキストを n-gram で検索するために、合計 1.4TB ほどのデータベースにアクセスする必要があります。本システムの特徴は、これらのデータを分散して配置し、並列に検索する点にあります。
本セミナーではこのシステムの仕組みと、今後の計画、大規模 DB の運用における問題点などについてご紹介します。

と言うものがある。

以前居た職場の上司(と言うか、仲人(^^;)の方がリタイヤされた後に、某大学で特許関係のコンサルをされている。
山大の特許に関する取組みの現地調査(打合せ?)もされていた。
その後に福岡でお会いすることができたのだが、「山大のは仕掛けも取組みもすごいよ」といっていたのを思いだした。

見に行きたいけど、無理だなぁ。>セミナー

投稿者 his : 2006年11月28日 02:32
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/49998
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。