2006年5月 8日

Fedora core5入れてみた

sid環境が壊れたこともあり、Z60tをdebianとFedora core5のdual bootにしてみた。

#正確には、もうひとつのドライブにWindowsXPが入っているので、 triple boot環境だ。
#なお、Debianの方はまだinstallしていない。
#古いsargeのセットアップCDだとtg3がうまく動かなかった。

Open Source MagazineのおまけDVD-ROMからインストールして、さっくり起動。
日本語入力もAnthyからfirefoxに快適に出来ている。

ただ、xemacsとmewの環境がまだ復帰できていない。

yumでのsoftware installがやたらと遅い。

Fedora core 5でyumを使うをみて、
yum install yum-fastestmirror を実行して若干早くなったけど、 apt-get updateの方が快適。
ユーザが多くてmirrorが追い付いていないのかなぁ>Fedora

しかし、redhatの9時代とEL3以来rpm環境から遠ざかっていたけど、世の中進んでいるのね。

投稿者 his : 2006年5月 8日 02:10
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/35843
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。