2006年4月17日

Mac mini 3.5"HDD化失敗

IR-IFC35to25と言うケーブルで、Mac miniの内蔵IDEインタフェースを外に引きずり出して、3.5"HDDを繋いでみた。
HDDは認識されているのだが、パーティション作成でエラーが多発。

うーん、何でだろ。ケーブルがしょぼいのかなぁ。

とりあえず、元に戻すハメに。

#内蔵DVD-ROMドライブだけは外して、
#FANのクリーニング実施して戻しています。

又時間に余裕があるときに挑戦予定(^^;

投稿者 his : 2006年4月17日 03:11
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/34953
コメント

2006年四月の記事で、マックミニでIR-IFC35to25を使って失敗した記事がありましたが解決策はケーブル上にある2つのコネクタを全部使うことによってトラブルを回避できるようです。

例えば、3.5HDと5インチ光学ドライブ、あるいは3.5HD×2台とか‥。

僕もかなりいろいろ調べててこちらを拝見してたんですが、やっと解決策がみつかったので念のためカキコしときます。

Posted by: ゆう : 2006年7月15日 15:28

おぉ、ありがとうございます。

HDD x 2でやってみます。

Posted by: his : 2006年7月15日 16:36
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。