2006年3月22日

Z60tでLinux(その4)

ちょっとした思い(?)から、Z60tをsargeからsidへ。

とりあえず、動いているから良いか。

kernelも2.6.16にしている。

ついでに(?)、ndiswrapperを入れて、無線LANのランプもやっとついた。
#自宅には繋ぐアクセスポイントがないけど(^^;、W-ZERO3とつながるかな。
#ちなみに、ath_pciはうまく動いていない。何でだろう。

iwconfigの結果はこんな感じ。

# iwconfig
lo        no wireless extensions.

eth0 no wireless extensions.

eth1 no wireless extensions.

sit0 no wireless extensions.

wlan0 IEEE 802.11g ESSID:"hogehoge"
Mode:Managed Frequency:2.412 GHz Access Point: 00:xx:xx:xx:xx:xx
Bit Rate:54 Mb/s
Encryption key:off
Power Management max timeout:0us mode:All packets received
Link Quality:0/100 Signal level:-91 dBm Noise level:-256 dBm
Rx invalid nwid:0 Rx invalid crypt:0 Rx invalid frag:0
Tx excessive retries:0 Invalid misc:0 Missed beacon:0


投稿者 his : 2006年3月22日 01:22
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/33642
コメント

Z60t で Vine 3.1CR -> upgrade で 3.2 のシステムを
苦労して動くようにしました.その際柴田さんのブログを
大いに参考にさせていただきました.
現在は kernel 2.4.27 + ich6mの DMAを認識させるパッチで
動いています.なぜか2.4.31 だとどうやってもカーネルが
死にます…

まとにかく ath_pci の件ですが,うちでは

(1) 11b と 11g のアクセスポイントが混在する環境だと
11b のアクセスポイントを認識しない
(2) 動作の成功/不成功がiwconfig でパラメータを設定する
順番による

という現象がみられています.(2)ですが
-------------------------------------
#! /bin/bash
/sbin/ifconfig ath0 up

/sbin/iwconfig ath0 essid xxxxxx

/sbin/iwconfig ath0 ap xx:xx:xx:xx:xx:xx

/sbin/iwconfig ath0 key s:xxxxx

/sbin/dhcpcd ath0
-----------------------------------------
この順番でのみうまくいきます.不思議.

それにしてもこのZ60t,4年前に買ったPentium III 1GHz の
A30 から乗り換えたのですが,すごく速くて感動しました.
技術の進歩ってすばらしい.

Posted by: kaji : 2006年4月26日 09:26
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。