2006年3月 5日

fmlとspamassasinの連携

同じ事をしている人がいるんだなぁ。
fmlとspamassasinの連携

これ、-ctlアドレス宛のものにも効くのかなぁ。
何せ使っているfmlのバージョンが2なので、ドキュメントも探しづらい。
ソース読むか。

記事が無くならないように、全文引用させていただきます。


SPAM対策としてSpamAssassinのインストールを行ってみました。個人宛のメールはSPAMが来たところでそんなに問題が無いのですが、MLなんかは影響が大のため、fmlと連携させて使用します。
* spamassassinのインストール(試しに標準入出力から、SPAMを入れてチェックしてみましょう)
* /var/spool/ml/[test-ml]/include の EDIT
"|/usr/bin/spamassassin | /usr/local/fml/fml.pl /var/spool/ml/test-ml "
(fml本体に渡す前にSpamAssassin?を通るようにします)
* /var/spool/ml/[test-ml]/config.ph の EDIT
$USE_DISTRIBUTE_FILTER = 1;
&DEFINE_FIELD_PAT_TO_REJECT('X-Spam-Flag', 'YES');
(SpamAssassin?がSPAMであると判断し、フラグをつけたら落とすようにします)
これだけでOKっす。現在のところ、ほぼ落とすことが出来てます。

投稿者 his : 2006年3月 5日 21:55
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/32800
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。