2006年2月19日

NHK その時歴史が動いた シリーズ真珠湾への道

録画してあったけど、視る時間がなかったものだが、いろいろ仕事上で気になることがあり、ふと思い出して視てみた。

シリーズ真珠湾への道 <前編> 〜山本五十六 苦渋の作戦立案〜
シリーズ真珠湾への道 <後編> 〜山本五十六 運命の作戦決行〜

山本五十六は連合艦隊司令官であり、トップとして決定出来るものだと思っていたのだが、あくまでも「現場のトップ」であり、更に上に軍令がいて苦悩しながら進めていったのだなと、新たに認識した。

いろいろ感じることがある番組であった。

最もハッとさせられたのは、山本五十六が真珠湾攻撃前に訓練現場を
・実際に見て
・改善指示して
・強い意志で引っ張って
いたことかな。

#上記のように書く暇があったら、引っ張れと言うことだな。
#体一つであちこち引っ張るのはつらいけどなぁ。

投稿者 his : 2006年2月19日 23:37
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/31922
コメント

突然投稿させていただきます。ぶしつけで大変失礼と思いますが、NHK「その時歴史が動いた シリーズ真珠湾への道」を見逃したため、検索しておりましたら、ヒットいたしました。録画のダビングを願えませんでしょうか。宜しくお願い申し上げます。

Posted by: n-kijima : 2007年9月19日 00:12

> 録画のダビングを願えませんでしょうか。

ごめんなさい。見てすぐに消してしまいました。

#溜まる一方なので、大体すぐに消しています。

Posted by: his : 2007年9月20日 15:37
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。