2005年12月31日

bonding on Debian

PXE bootでマシン復旧のあとで、bondingを設定。

Debianでどうやるか探したところ、 [debian-users:36831] Re: bondingを発見した。
ただ、このスクリプト、downのところに-dが抜けているようだ。

他にもNIC Bonding/Teaming - Debian Sargeと言うのを発見した。

ほぼ上記のページに書かれている設定そのまま。

/etc/network/interfacesはこんな感じ。

# /etc/network/interfaces -- configuration file for ifup(8), ifdown(8)

# The loopback interface
auto lo
iface lo inet loopback

# The first network card - this entry was created during the Debian installation# (network, broadcast and gateway are optional)
#auto eth0
#iface eth0 inet static
#       address 192.168.0.100
#       netmask 255.255.255.0
#       network 192.168.0.0
#       broadcast 192.168.0.255
#       gateway 192.168.0.250

auto bond0
iface bond0 inet static
        address 192.168.0.100
        netmask 255.255.255.0
        network 192.168.0.0
        broadcast 192.168.0.255
        hw ether 00:02:B3:98:7F:BD
        gateway 192.168.0.250
#       pre-up ifconfig eth1 hw ether 00:02:B3:98:7F:BD
#       pre-up ifconfig eth0 up && ifconfig eth1 up
        up ifenslave bond0 eth0 eth1
        down ifenslave -d bond0 eth0 eth1
#       post-down ifconfig eth0 down && ifconfig eth1 down

ただ、Xenでbond0とブリッジにしようとすると、うまく動かないんだよなぁ。
もがき中。

投稿者 his : 2005年12月31日 03:53
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/1515
コメント

http://www.pug.org/index.php/Xen-Installation
が良さそうだな。

#ドイツ語(?)らしいのが難点だけど。

Posted by: his : 2005年12月31日 14:12
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。