2005年12月30日

PXE bootでマシン復旧

チョンボって/boot/grub配下を壊してしまい、bootしなくなったマシンが一台。
FDDもCDドライブも付いていない。

HDD外して入れ直すのも手だが、BIOSがIntel PXEをサポートしていたのでやってみた。

apt-get pxeやって、ごそごそしようと思ったのだけど、PXE-E3A: TFTP too many packagesとでてうまくいかない。

結局、DHCPとtftpで何とかなったようだ。

エラーメッセージ調査で参考にしたのは、
Let's Note boot up from LAN
Intel® Boot Agent Error Message: "TFTP: too many packages"
PXEブートでインストール

試行錯誤でたどり着いたのが、
PXEの使い方

結局、動いたのが、
A.2.4. ネットワークからの起動

#灯台もと暗し?

動いたときの設定ファイルは、以下。

#関連する部分だけ抜き出しています。
#IPアドレスやMACアドレスは、環境に合わせて書き換えが必要。

/etc/dhcpd.conf
/etc/inetd.conf
/etc/services

投稿者 his : 2005年12月30日 22:19
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/1514
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。