2005年12月16日

Huge TLB

あるところにおっさんがいました。

ホームセンタにケーブルを買いに行きました。
計り売りコーナに所望のケーブルが売っていました。

おっさんはにっこり。

しかしそこには「1m単位での計り売りです。」と書いてありながら、
10cmの長さの定規が置いてありました。

20m買おうと思っていたおっさんは、悩みました。
このままでは10cmの定規で200回も計る必要があります。

「おいおい、せめて1mの定規を置いてくれよ。」とおっさんはホームセンタの店長にお願い。

#クレームとも言う?(^^;

もっともだと思ったホームセンタの店長はすぐに長い定規を持ってきました。

※尚、ホームセンタの店長が持ってきた1mの定規には1cmの目盛など不要です。
※もっと言うと、1mのひもでも棒でもかまいません。


#これがHuge TLBの誕生のたとえ話か?(^^;

この話でHuge TLBのメリットをたとえると、
・長いケーブルが欲しいときに、少ないコスト(定規の操作)で所望の長さが得られる。
事かな。

逆にデメリットは、
・10cm刻みなど、短い用途で十分な場合にも1m単位での切り売りになる。
・よって、ケーブルが余る場合がある。別の言い方をすると、用途が限られる。
みたいな事かな。

#わかるかなぁ。

##上記はHuge TLBと言うより、Huge Pageのたとえだろうなぁ。
##TLBはアドレス変換キャッシュだから。

投稿者 his : 2005年12月16日 01:16
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/1490
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。