2005年11月19日

Xen-2.0.7

@IT: 仮想化技術の大本命「Xen」を使ってみよう 〜 インストール & Debian環境構築編 〜
Xen Users' Manualを参考に、Debian Sarge上にxen-2.0.7-install-x86_32.tgzをインストールしてみた。

足かけ2日間(実働4時間程度)で何とか動いた。

#某師匠に色々言っている手前、自分自身でも時間を割いて、
#わずかずつでもテクニカルな取り組みも実施中よん。

/boot/grub/menu.lstのXen起動部分の記述はこれ↓。

title Xen 2.0 / XenLinux 2.6
kernel /boot/xen-2.0.gz dom0_mem=512000 console=vga
module /boot/vmlinuz-2.6-xen0 root=/dev/hda2 ro console=tty0

これで、プライマリの仮想マシン(Domain-0)が立ち上がる。

この状態で、/etc/init.d/xend startにて、次の仮想マシン立ち上げ準備を行う。
セカンダリの仮想マシンの設定ファイル(/etc/xen/XenDebian.conf)は、下記の通り。
#ファイル名は何でも良いのだが、とりあえず。

#  -*- mode: python; -*-

# Kernel image file.
kernel = "/boot/vmlinuz-2.6-xenU"

# Initial memory allocation (in megabytes) for the new domain.
memory = 220

# A name for the new domain. All domains have to have different names,
# so we use the vmid to create a name.
name = "XenDebian"

disk = [ 'file:/Xen-VirtualDiskFile,sda1,w' ]

#----------------------------------------------------------------------------
ip="192.168.0.4"
# Set netmask.
netmask="255.255.255.0"
# Set default gateway.
gateway="192.168.0.250"
# Set the hostname.
hostname= "hxen"

# Set root device.
root = "/dev/sda1 rw"

# Sets runlevel 4 and the device for /usr.
extra = "2"
尚、あらかじめ
if=/dev/zero of=/Xen-VirtualDiskFile bs=1024k count=2048などとやって、ディスクイメージファイルを作り、
mke2fs -j /Xen-VirtualDiskFileでファイルシステムを作り、
更に mount -o loop /Xen-VirtualDiskFile /mnt/vmでディスクイメージをループバックmountし、
debootstrap --arch i386 sarge /mnt/vmで、Debian/Sargeのbaseインストールは済ませておく。

/mnt/vmをunmountして、xm create XenDebian.conf -cで、セカンダリ仮想マシンが立ち上がる。

ここまでは比較的すんなり出来たけど、ネットワークがつながらない。
Users' Manualを見ながら/etc/xen/scripts/network startだの/etc/xen/scripts/vif-bridgeに引数付けてやったけどだめ。

その日(昨日)はそこで寝て、本日立ち上げるとネットワークが動いていた(^^;
プライマリ仮想マシン上でifconfigを実行すると、こんな感じ↓。

# ifconfig
eth0      リンク方法:イーサーネット  ハードウェアアドレス 08:00:1F:B1:92:04
          inetアドレス:192.168.0.5 ブロードキャスト:192.168.0.255 マスク:255.255.255.0
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:2338152 errors:265 dropped:368 overruns:72 frame:0
          TX packets:483242 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
      衝突(Collisions):0 TXキュー長:1000
          RX bytes:3259858766 (3.0 GiB)  TX bytes:72225045 (68.8 MiB)
          割り込み:5 ベースアドレス:0x1400

lo        リンク方法:ローカルループバック
          inetアドレス:127.0.0.1マスク:255.0.0.0
          UP LOOPBACK RUNNING  MTU:16436  Metric:1
          RX packets:349360 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:349360 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
      衝突(Collisions):0 TXキュー長:0
          RX bytes:271299565 (258.7 MiB)  TX bytes:271299565 (258.7 MiB)

vif5.0    リンク方法:イーサーネット  ハードウェアアドレス FE:FF:FF:FF:FF:FF
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:2245 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:12798 errors:0 dropped:951 overruns:0 carrier:0
      衝突(Collisions):0 TXキュー長:0
          RX bytes:215281 (210.2 KiB)  TX bytes:10960477 (10.4 MiB)

xen-br0   リンク方法:イーサーネット  ハードウェアアドレス 08:00:1F:B1:92:04
          inetアドレス:192.168.0.5 ブロードキャスト:192.168.0.255 マスク:255.255.255.255
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:2314433 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:470821 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
      衝突(Collisions):0 TXキュー長:0
          RX bytes:3193388362 (2.9 GiB)  TX bytes:71289908 (67.9 MiB)
インタフェースvif5.0は、セカンダリ仮想マシンをリブートし直すたびに数字(ここでは5の部分)が増加しているような気がする。

xm listすると、こんな感じで複数動いていることがわかる。

# xm list
Name              Id  Mem(MB)  CPU  State  Time(s)  Console
Domain-0           0      495    0  r----   2951.8
XenDebian          5      219    0  -b---     24.9    9605
#XenDebianがblockedに見えているけど、これでいいのかな?

もう少し、ドキュメントを読み込んでおく必要がありそう。
しかし、まずは動いているので、いろいろ試してみようと思う。

投稿者 his : 2005年11月19日 02:35
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/1448
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。