2005年11月 6日

BUFFALO IFC-ATS2 SerielATA for externel device


#現時点のAmazon.co.jpの記述は、製品名および写真とも間違っている。
#本ページの写真はBuffaloのページへのリンクなので、正しいはず。
#これじゃ、買おうとしても買えないじゃないの。
#修正依頼提出中。

結局、Bic Camera天神で購入したけど、店員も「External SATA?なんすか、それ?うーん、箱に書いていることしかわからないす。」みたいな調子で使えない(--#
一応、買うときに箱から出して見せてもらって、内蔵SATAを外に引きずり出しただけではないことは確認した。

#eSATAケーブルを持っていっておけばよかった。

自宅で試したところ、Linux boxで無事認識され、RAIDON SR3610-2S-SB2もさっくり動作した...

cover 【題名】RAIDON SR3610-2S-SB2 【作者】 RAIDON

と言いたいところだが、ブート時にインタフェースボードとデバイスを接続していないと、後でケーブルを接続しても認識されなかった。
#何か、テクニックがありそうだけど。

USB2.0での接続と比べて、eSATA接続時は体感でもかなり速い印象を受ける。

iozoneで比較してみているところ。

投稿者 his : 2005年11月 6日 00:35
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/1431
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。