2005年10月23日

決断力/羽生 善治

「集中力/谷川 浩司」に引き続いて、ほぼ一晩で読み終わった。

谷川、羽生とも将棋の道を究めようと言う感じであるが、やや羽生の方が「勝つ」ことに関して意識があるような気がする。
#どちらが良い、悪いではない。

さて、本書を読んで思ったことであるが、谷川も羽生も将棋界で一目置かれ、大事に周りに育てられたのだなぁと感じた。
当然、本人自身の努力と研鑽があってのことだが、それを周囲も認め、自分も周囲の期待に応えるべく更に努力する...という良い循環で天才が育った。
更に、一目置くだけではなく、羽生が

『私は十五級から、道場に通うごとにクラスが上がっていった。今考えると、目標への達成感が、私を将棋の世界へ没頭させるきっかけの一つになったと思う。』
と言うように、環境も整えている。

さて、本書のタイトルである「決断」に関する記述で、最も端的に表してあるであろう部分は第二章の4にある下記の部分である。

『リスクの大きさはその価値を表しているのだと思えば、それだけやりがいが大きい。』 『何事でも、決断し、挑戦してみないと、結果がどうなるかわからない。』 『決断とリスクはワンセットである。...。目標があってこその決断である。自己責任という言葉を最近よく聞くが、リスクを背負って決断を下す人が育たないと、社会も企業も現状の打破にはつながらないであろう。』
なんだか、ここだけ読むと、無謀なチャレンジャーのようであるが、充分な研究を行った上で、対局中に新たな世界に踏み出しているのだと思えば、無謀でも何でもないのである。

その他にも、感じた箇所を引用する。

『私は、人間には二通りあると思っている。不利な状況を喜べる人間と、喜べない人間だ。』

『言い換えれば、知識は単に得ればいいというものではなく、知識を積み重ねて理解していく中で「知恵」に変えないと生かすことは出来ない。』

『父は外資系の会社に勤めるエンジニアであったが、「仕事に行き詰まったときは整理整頓」というのが口癖だった。』
私も、頭をリセットするときなどは、2、3時間ぐらいかけて、自分の机の上と周りを整理することがあります。
『勝負の世界では「これでよし」と積極的な姿勢になることが一番怖い。組織や企業でも同じだろうが、常に前進を目指さないと、そこでストップし、後退が始まってしまう。』

『私が、将棋を上達するためにしてきた勉強法...基本のプロセスは、次の四つだ。
 ・アイデアを思い浮かべる。
 ・それがうまくいくか、細かく調べる。
 ・実戦で実行する。
 ・検証、反省する。』

『誰でも最初は真似から始める。しかし、丸暗記しようとするのではなく、どうしてその人がその航路をたどったのか、どういう過程でそこにたどり着いたのか、その過程を理解することが大切だ。』

『個人のアイデアは限られている。何かをベースにして、あるいは、何かをきっかけにしてこそ、新しい考えがいろいろ浮かぶ。「真似」から「理解」へのステップは、想像力を培う基礎力になるのだ。』

『勝負に勝つことは、企業でいえば目先の利益である。目先の利益も大事だが、先行投資的な研究もしなければならない。』
ちなみに、この本の中で「ミスの連鎖」と言う言葉が出てきます。 投稿者 his : 2005年10月23日 19:31
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/1414
★★★★☆「決断力」羽生善治、角川書店講談社(2005/07)¥720
概要 いつも応援ありがとうございます。昨日は5位でした。今日は何位になっているでしょうか?----------------------------今朝のカザフスタン・ウラルスク:9時-3℃:曇り----------------------------11月17日は「将棋の日」らしいですね。なんたる偶然!!↓なつかしい...
ウェブログ: 本のソムリエ提供「一日一冊:読書日記」
時刻: 2005年11月17日 14:05
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。