2005年9月21日

Enterprise SOA: Service-Oriented Architecture Best Practicesから(その2)

同じくから引用。

r0014192-s.jpg

このグラフに表されている各レイア(?)の寿命の違いこそが悩みの種である。

#スーツの上着はきれいなのに、ズボンがぼろぼろになってもう履けなくて
#捨てるに捨てられない上着の悩みと同じ(^^;

##ちなみに、この悩みに対する最近の私の解決策は、
##(1)最初から替ズボンを作っておく。
##  (上着の寿命にズボンの見かけ上の寿命をあわせる)
##(2)安いスーツにしておいて、捨てても悔やまないようにしておく。
##  (上着の寿命をズボンに合わせる)

ちなみにこのグラフ上の数値は、かなり納得できる値であると感じる。

・業務データは、場合によっては10年以上軽く必要になる。
・サービスは業務そのものと考えてもいいと思うけど、これがまた5年や10年では、
 コアは変わらない。
・アプリケーションの見栄え・画面つらは比較的短期間に変わる。
・売っているプロダクトは下手したら2年から3年で入れ替わる。

#PCの基本アーキテクチャは変わっていないように思うけど、
#使っているSIMM/DIMMなんてどんどん変わっていて、昔のものは使えないし、
#根本となるBUSでさえ、ISA->EISA->PCI->PCI-X->PCI-Expressのように
#バシバシ変わっている。

・そうは言っても、導入されているITシステムは数年で入れ替えるなんて
 出来はしない。

まさに悩みの種よね。


スーツの例ではないけれど、どれにあわせていくのか、あわせないのかを考えるのが
出発点(必要条件)だな。

投稿者 his : 2005年9月21日 02:02
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/1357
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。