2005年9月21日

ギプス

完全ではないけれど捻挫の腫れも治まって、ようやくギプス出来る状況になった。
r0014218-s.jpg

うちの若旦那が数年前にしたギプスもそうであったが、
最近は石膏でなく、プラスチック系の軽いものになっている。

#包帯のように巻いてあるものを水に浸した後で、くるくる足に巻いていくと、
#若干の発熱とともに固まっていく。

さて、ギプスで守られていて歩く際の不安が少し軽減された。
また、松葉杖1本でも何とかあることが出来て、両手がふさがる不便からも開放された。

しかし、それは良いのだが、少なくとも2週間は足を洗うことも出来ずに苦しい(臭い?)状態に我慢しなければならない。
ギプス外した後も、歩く練習などのリハビリで1.5ヶ月ほど完治には掛かるようだ。

ちょっとした不注意で起こした骨折だが、金銭的にも精神的にも肉体的にも、かなり高くついている。

たかが片足、たかが骨1本だが、気がついていなかったそのありがたみを、日々感じている。

投稿者 his : 2005年9月21日 01:06
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/1355
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。