2005年8月24日

Mac miniにDebian(kernel make)

OpenBlockSでは、kernelにいろいろパッチが必要だったけど、Mac miniではどうだろうと思い、作ってみた。
とりあえず、historyから取り出した手順のみ。

# cd /usr/src
# tar xvfj /tmp/linux-2.6.12.5.tar.bz2
# cd linux-2.6.12.5/
# cp ../kernel-build-2.6.11-powerpc/.config ./
# make menuconfig
# make-kpkg configure
# make-kpkg --initrd binary
これでshutdown -r nowすると、ひどい目に遭う(^^;

/boot配下に新しくSystem.map-206.12.5 config-2.6.12.5 initrd.img-2.6.12.5 vmlinux-2.6.12.5 vmlinux.coff-2.6.12.5がインストールされているので、/etc/yaboot.confを編集して新しいimageエントリを追加するのが正しい手順のようだ。

私は後でそこに気がつき、boot出来なくなったので、DebianのインストールCDで立ち上げた後で インストーラからshellに抜けて

# mount -t ext3 /dev/ide/host0/bus0/target0/lun0/partition3 /floppy

# cd /floppy/boot
# ln -sf initrd.img-2.6.12.5 initrd.img
# ln -sf vmlinux-2.6.12.5 vmlinux
とやった後にリブートして何とか切り抜けた。

リブート後は

shibata@hacmini:~$ uname -a
Linux hacmini 2.6.12.5 #1 Tue Aug 23 22:27:26 JST 2005 ppc GNU/Linux
てな感じ。

ただ、気を付けなければならないのは、ドライバの組み込み化かモジュール化によって、内蔵Ethernetがeth1になることがあるのである。
#IA-32マシンでも経験したことがあったので、長くは悩まなかったけど、ちょっとはまった(^^;

もっと正しい手順があれば御指南乞う。

投稿者 his : 2005年8月24日 00:02
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/1294
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。