2005年7月 5日

WindowsXP SP2でのcoLinux

WindowsXP SP2をインストールした後でcoLinuxでWindows Managerがうまく動かなかったが、やっと動いた。

苦節10分。

coLinux上でnetstatを見たところ、coLinuxからWindowsXP側の16001ポートへSYN SENTのままになっていた。

WindowsXP側のfirewallの設定で、coLinuxのIPアドレスからのみポート16001へのアクセスを許可することで、sawfishが無事立ち上がり動くことが出来た。

ちなみに、ポート6000はあらかじめ開いてあった。

ポート16001って何だっけか?
ianaのポート番号一覧には無いな。
ポート6001にコネクトに行ってはじかれたので、さらにコネクトに行ったのかな?

投稿者 his : 2005年7月 5日 22:24
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/1212
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。