2005年7月 4日

キャリアの軌跡

#正確にはBooklogではないけど。

2005.07.04の日本経済新聞夕刊の「キャリアの軌跡」から。
デュポン取締役 真鍋敏子さんの記事。

『一度だけ職場で泣いたことがある。』
中略
『多忙を極め、連日深夜まで残業が続いた。』
中略
『なのに二人の同僚は淡々と仕事をこなし、早々に帰宅する。
 「仕事がつらくて泣いたのではない。同じプロフェショナルなはずなのに
  同僚より劣る自分が許せなかった。」
 と振り返る。』
中略
『職場での涙は仕事の進め方を見直す景気になった。
 同僚の働き方をさりげなく観察し、コツを学んだ。

 「仕事の優先順位をきっちり決め、仕事によってメリハリを付けること。
  今にして思えば簡単なことですよね。」
 と苦笑する。』

簡単ではないと思う。
それをさらっと言えるようになるには、種々の経験を重ねてこられたのであろう。

優先順位を付けるためには、自分に基準・基軸を持たねばならず、
それに従って仕事そのものへの理解が必要である。

また、それだけでは十分ではない。

どうすれば良くなるかという想い・向上心、もっと泥臭く言うと根性がそろって十分なのだろう。

投稿者 his : 2005年7月 4日 22:20
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/1208
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。