2005年7月 3日

animation for concepts

録画してあったものを整理がてら見ていたら、非常におもしろいものを発見した。

今年の正月三日にNHK教育で放映された『考え方』が動きだす 〜 佐藤雅彦研究室のアニメーション・スタディ 〜である。

四分木での二次元の解析、八分木での立体(三次元)の解析をアニメーションを使って情報科学的でありつつ、わかりやすく説明している。

#しかし、残念ながら、途中で録画が切れている。
#後半もおもしろそうなのに。
#誰か録画していたら、貸してください(^^;

尚、佐藤雅彦氏は、団子三兄弟などでも有名であり、私が読んだ本の中にも著書(というか対談)がある。
経済ってそういうことだったのか会議

難しいことを如何にわかりやすく伝えるかと言う技術・能力に関してはすばらしいものがあると思う。

このページもなかなかおもしろい。→MASAHIKO ASTO

ちなみに...
私が、PowerPointによるプレゼンテーションが嫌いで、ホワイトボードにどんどん書いていく手法を取るのも、ある面、アニメーションであり、順次詳細化である。

最初からごちゃまんと書かれたものを見せられても、理解するのに時間が掛かり、その間、聞き手は聞いていない(^^;

そうせずに、粗いところをまず書いて、だんだんと話を膨らましていくのが良いのではないかと考える。

まぁ、PowerPointでもアニメーションを使うことが出来るが、その場で作成しながら...というのは難しい。
それでも何とか補おうとするならば、タブレットでプレゼン最中にPowePointプレゼンシートへの追記..かな。

投稿者 his : 2005年7月 3日 23:21
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/1205
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。