2005年4月19日

●NHK高校講座「理科総合 A・B」

実は、NHK高校講座「理科総合 A・B」を録画して、ほぼ欠かさず見ている(^^;

ほとんどの講座内容は知っていることだけど、忘れていることもあり思い出されるし、
司会者とレポータそして先生のやり取りは、まじめに、またあるときは珍妙(?)であり面白い。

今現在は再々放送であろうか。

録画してあった理科総合B 第12回 自然景観を見くらべようを観ていると、● 世界で一番深い穴というコーナ(?)で「地球内部は4000℃から6000℃である」という話があった。

#地球のコアから地表までの熱抵抗が大きくてよかったですね(^^;

この「生きた地球」があるから、火山も地震もあるのだろうけど、この熱が冷め切ってしまったとき、太陽などとの関係が変わらないとすると、地表は今より寒い状況になるのだろうか。

投稿者 his : 2005年4月19日 00:40
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/1087
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。