2005年3月16日

Mac miniのデザインを可能にしたもの

Mac miniを前から見ると、CD/DVDのスロットと右下に1mmほどの穴があいている白色LEDだけ。

上面はロゴがあしらわれたつるりとしたもの。

左右は何もないアルミむき出し。

後面には電源スイッチ、FAN吐き出し口、Lock用の穴、そして電源供給を含む各種インタフェース。

「がんばって後ろにインタフェースを集中させたな」と思った。

実際にその通りなのだけど、
・白色LEDにより、ランプ含めてモノトーンを実現
・高速インタフェースのシリアル化による、コネクタ専有面積の削減
・同じく、シリアル化によるプリント基板上でのパターン引き回し余地の確保
・LSIの高密度化
などの積み重ね・組み合わせにより実現できているんだなぁとも気がついた。

デザイナーとともに、技術者に乾杯。

投稿者 his : 2005年3月16日 03:22
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/1040
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。