2005年3月 5日

NHK 21世紀ビジネス塾: 経営の悩み(1.商品開発)

今回は中小企業の経営者の悩みをに対する助言を行うという番組。

番組中の会話の内容をほぼ全てNHKが公開してくれている。番組を見た私にもありがたい。
2月25日放送の番組台本 公開お答えします 経営の悩み

中小企業の経営者から寄せられた悩みを大きく3つのカテゴリに分類してそれぞれにコメントしている。

・商品開発
・販売方法
・人材

まず「商品開発」に関するコメントが下記の3点。

・「素人」になる
・「役立ち」を見直す
・「他人」の知恵・技術を使う

私なりに乱暴にまとめると、いずれも「提供者の視点」から「利用者の視点」「より上位の視点」への転換から発想を行うことを推奨している。

#視点を変えるというのはよく言われる言葉だけど、
#単に「考え方を変える」と思っていることも多い。
#そこには「視点を変えて」から考えると言う
#方法論の一つを述べている点で大きな違いがあるよな。

世の中、作り手の思惑と違った使い方をされている例も多い訳だけど
その裏にはいろんな応用に耐える製品の魅力とか品質・機能...さらに言えば
その製品に埋め込まれた潜在的な技術力が必要なのかも。

その技術力がなければ、「他人」つまりパートナーから借りるという流れか。

投稿者 his : 2005年3月 5日 13:28
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/1012
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。