2005年2月13日

ウイルス究極の寄生生命体 NHK人間講座

今まさに放映中である。

先のきれい社会の落とし穴―人と寄生虫の共生と同じような話であるが、寄生虫として分類されてはいないウイルスに関してのはなしである。

放映そのものは現在進行形であるが、テキストは一足先に全部読んでみた。

ウイルスも人類以前からあり、人類はウイルスとともに進化してきたようなものだとおもうと、うまくつきあうしかないのかなと言う感じ。

また、素人がウイルスと一口にくくっているものの中も、いろんな種類・形態に別れているようであり、同じ種類といえるかどうかはよくわからない。

ただ、分類は人間が便宜上行っているものであり、ウイルスそのものは自分たちがなった形でやりたいようにやりたい方法で生き延びているだけなんだろう。


#ちなみに、この3連休だというのに、風邪をひいたようで
#熱はないのだが、喉が腫れていて、体がだるい。
#今日良くならないとつらいな。

##超立体マスクは今ひとつ私には合わなかったようだ。
##もう二度と買わない。

###NHK人間講座は2005.3で終わるのか。
###残念だなぁ。

投稿者 his : 2005年2月13日 13:02
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/985
国産牛肉の問題点 ちゃんと資料は公開されているのです
概要 28日に開催された第22回食品安全委員会プリオン専門調査会の審議で使用された 論点メモ(吉川座長試案)という参考資料を見ると、このような表がありました。 これを見ると、スタンニングをやめたところは皆無。 ピッシングは7割以上が続けており、 屠場以外の死亡...
ウェブログ: 掬ってみれば無数の刹那
時刻: 2005年3月30日 19:12
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。