2005年2月13日

きれい社会の落とし穴―人と寄生虫の共生

2001年にNHK人間講座で藤田紘一郎氏の講義があった際のテキストである。


友人宅にあったので、借りて読んでみた。

#番組も見たかったかなぁ。

自然界に生きる生物として、人間も人間だけでは生きられないと思う。

人間の外の外的動物をはじめ、内在する寄生虫や細菌・ウイルスなども大事にしてあげないなといかんなと言うことを改めて感じた。

また本書を読むと、善玉菌はもちろん必要だが、それだけではだめで、悪玉菌も体内にあり、
ある程度のバランスがないとだめなようである。

さらに本書によると、回虫や蟯虫もそれなりの役割を持っており、これも生命体を越えたバランスというか共生関係があるようである。

生きる上での勉強になったっともに、組織とはどうあるべきかということを考えさせられた。

#一見役に立たない社外コンサルとかも、たまに体内に入れることによって、
#「あんなしょうもないことであんなに金を払うのはもったいない」などと(^^;
#刺激を受けて、本体組織ががんばることが出来るかな。

投稿者 his : 2005年2月13日 12:41
このエントリーのトラックバックURL: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/984
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?





画像の中に見える文字を入力してください。